投資知識

日本生まれの最強分析法『一目均衡表の手法』を完全マスター!

日本生まれの最強分析法『一目均衡表』を完全マスター!

『一目均衡表』FXをやっている人であれば必ず聞いたことのある言葉の一つではないでしょうか。

実際に使っている人も結構いるかと思います。

しかし、FX初心者の方は見た目の複雑さからとっつきづらく感じていまいち使い方も知りたいけど知らない方が多いのではないでしょうか。

たしかに一目均衡表は線がいくつもありどれを指標にして根拠を持ったトレードをすればいいのかわかりません。

今回はこの一目均衡表にフォーカスして初心者でもわかりやすく解説していきます。ぜひこの記事を読んで一目均衡表の凄みに気づきトレードに活かしていただければと思います。

一目均衡表とは?日本産テクニカル指標の真髄

まず一目均衡表とはなにかについて詳しく解説していきます。

一目均衡表とは一目山人(いちもくさんじん)こと、細田悟一氏がスタッフ2千人と7年かけて生み出した日本産のテクニカル分析が一目均衡表です。

一目均衡表は、時間軸、価格帯、トレンドの転換時期を1つのチャート上で確認できるまさに一目ですべてを確認できるチャートです。

海外投資家たちにも「東洋の神秘」として注目されていました。

今では日本生まれのテクニカル分析指標として世界的に有名になった定番指標です。

『一目均衡表』鍵となる5本の線

一目均衡表は、「転換線」・「基準線」・「先行スパン1」・「先行スパン2」・「遅行スパン」の5つの線から構成されています。

  • 基準線:過去26日間の高値と安値の平均値をつなぎ、ラインにしたもの
  • 転換線:過去9日間の高値と安値の平均値をラインにしたもの
  • 先行スパン1:基準線と転換線の中間値を26日間先に表示したライン
  • 先行スパン2:52日間の高値と安値の平均価格を26日先に表示したライン
  • 遅行スパン:当日の終値を26日前に表示したライン

そして先行スパン1と先行スパン2の間の面積が「雲」と呼ばれています

この中でも注意するべきラインというのが「転換線」と「基準線」と「雲」の3つです。

基準線と転換線は今後のトレンドを予想する上で大事なシグナルとして機能し、雲は抵抗帯として重要な役割を担います。

それでは詳しく見ていきましょう。

◯雲の見方 抵抗帯としての機能とは

雲とは先行スパン1と2の間のことなのですが、サポートやレジスタンスとして機能します。

つまり雲に近づくと反発されやすいとされています。

雲が厚くなっている部分はサポートとなり相場が反転しづらいため、押し目買いを狙うことが可能とあります。しかし雲が薄くなるとアポートのちからは弱くなり、雲を抜いてトレンドが反転しやすい傾向があります。

雲を確認する際は方向性のみならず”雲の厚さ”にも注視しましょう。

また、ローソク足が雲かの中から雲の外へ抜けた場合は、相場が反転しトレンドが加速しやすい傾向があります。

◯転換線と基準線 トレンドの方向を見定める

転換線と基準線は、ラインの方向で上昇トレンドか下降トレンドかの判断します。

過去の相場の動きが激しいと、ラインが敏感に動くこともありますが、その部分はきにせず向きをチェックしてください。

また、転換線が基準線を下から上に抜いたら「好転」とよび、買いの判断ができ、転換線が基準線を上から下に抜いたら、「逆転」と呼び、ウリと判断することができます。

基準線、転換線の好転・逆転は、まるで移動平均線のゴールデンクロスとデットクロスに似ていますよね。

レンジ相場のときは、基準線と転換線は頻繁に交差し、上下が入れ替わることになり、だましが多くなるので注意が必要です。

◯遅れをとるライン 遅行スパンとは

一目均衡表には現在レートより少し手前を推移する線があります。それが遅行スパンです。

遅行スパンは、その日のレートを26日前にずらして示すことで、現在のレートと26日前のレートを比較することができるという単純なラインです。

遅行スパンが現在のレートを下から上に抜いたときは、上昇サインと考えられ、逆に遅行スパンが現在のレートを上から下に抜いたときは、下落サインと考えられます。

次に一目均衡表でもっとも強いシグナルになる「三役好転」と「三役逆転」についてかいせついたします。

「三役好転」とは強い買いサインです。転換線と基準線がゴールデンクロスしており、ローソク足が雲の上へ抜ける。そして遅行スパンがローソク足の上へぬける。

「三役逆転」は三役好転の逆で、転換線と基準線がデットクロスしており、ローソク足が雲の下へ抜ける。そして遅行スパンがローソク足の下へ抜ける。

それぞれの3つの条件が揃った時ちよいサインになるので「三役好転」「三役逆転」は注意してみましょう!

一目均衡表を使ったFXトレード手法

一目均衡表と移動平均線は非常に相性が良いです。

それぞれトレンド系のテクニカル指標で、売買のエントリータイミングをはかる手助けになります。

移動平均線のパラメーターは75MAと200MAで設定します。
雲はレジスタンスもしくはサポートの抵抗帯になると解説しましたが、実は移動平均線もレジスタンスライン、サポートラインになるのです。

この2つの根拠を利用したトレード手法になります。

◯エントリー条件

雲の中で移動平均線にローソク足が触れたらエントリー

1.雲にローソク足が上から下に向けて入り、上向きの移動平均線(75MA)に触れて反発したところで買いエントリー(押し目買い)

2.雲にローソク足が下から上に向けて入り下向きの移動平均線(75MA)に触れて跳ね返されたところで売りエントリー(戻り売り)

決済をするタイミングは様々な選択肢がありますが例をあげると、

  • あらかじめ想定していた他の線とクロスしたタイミング
  • サポートやレジスタンスになっているところに到達したら決済をする
  • 雲から上放れて、その後また雲に戻ってきたタイミング
  • 雲から上放れて、移動平均乖離率が大きくなったタイミング

様々なタイミングでの決済が可能ですが、どのような決済方法が向いているのかは、個々の性格やメンタルによっても変わってきます。

まずは損切りポイントを必ず決めておくことが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

一目均衡表は5つの線で構成されており、一つ一つの線の意味を覚えることがとても大切です。

特に雲は抵抗帯として非常に強い役割をしています。記事を読み返して5つの線の意味をしっかり頭に入れましょう。

一目均衡表で最も強い根拠は「三役好転」「三役逆転」でした。一目均衡表を使う上では必ず意識していきましょう。

今回は一目均衡表を使ったトレード手法についても解説いたしました。

上記にあるように雲は抵抗帯をして強い役割を示していますし、それに加えて移動平均線の反発を狙うのでより強い押し目の根拠になります。

FX始めたばかりの方などは慣れが必要ですが損切り幅もしっかりと考えトレードに挑んでいきましょう。

今すぐやるべきこと

さっそく実際に一目均衡表をチャートに表示させてみましょう。

そうしたら5本のラインがどのラインなのかを確認してみましょう。

最初はラインの意味するものがなんなのかを理解するのに時間がかかるかもしれませんが、少しずつ一目均衡表に慣れていき自分のトレードのレベルをあげていきましょう。

一目均衡表を極めればあなたのトレードのレベルが飛躍的に向上することは間違いありません。ぜひ一目均衡表を使ってみてください。

サイトでは教えられない!FX必勝ノウハウ無料プレゼント!

サイトでは教えられない!FXの必勝ノウハウ無料プレゼント

「取引を始めると相場が逆方向に動いてしまう

「損切りが出来なくてマイナスになってしまう

「つい、熱くなって資金を溶かしてしまう

FXトレードでうまくいかない原因って、なかなか自分では分からないですよね。

そんなあなたに朗報です!

突然ですが、6ヶ月で月収100万円を超えたプロトレーダー加藤エル(兄)のFX必勝ノウハウをサイト訪問者限定で無料で公開いたします!

今回アナタにお渡しするノウハウはこちらです!

  1. FXで1日3万稼ぐ:準備編:全4項目
  2. FXで1日3万稼ぐ:マインド編:全5項目
  3. FXで1日3万稼ぐ:基本編1(テクニカル分析):全8項目
  4. FXで1日3万稼ぐ:基本編2(ファンダメンタル分析):全5項目
  5. FXで1日10万稼ぐ:応用編:全5項目

さらに、今回サイト訪問者限定20名様に、加藤エル(兄)がトレードで使用しているプライスアクションが一目でわかるサインツールの他、高性能インジケーター6点以外を豪華特典を無料でプレゼント!

詳しい特典の内容は下記の通りです!

  • 1日30分のスキマ時間トレードを可能にする高性能インジケーター6点
  • 加藤エル(兄)が開発した公開前の自動売買システム
  • 初期費用不要!軍資金のための資金調達ノウハウ約30万円分
  • 利確損切ラインが丸わかり!?15万相当のライントレード教材

なぜ無料でプレゼントしてくれるの?

その理由と受け取り方法は下記の無料受け取りページから!

必勝ノウハウの詳細はこちら