ExpertAdvisor

月利100%は嘘!FX自動売買詐欺にダマされないためには?

月利100%は嘘!FX自動売買詐欺にダマされないためには?
カトエル
カトエル

月利100%の自動売買か…

加藤エル兄
加藤エル兄

お!何をみてるの?

カトエル
カトエル

月利100%の自動売買システムを買おうか迷ってるんだ

加藤エル兄
加藤エル兄

買っちゃダメ!

カトエル
カトエル

え?どうして?

これを買えば僕の資金も毎月2倍になっていくんだよ!?

加藤エル兄
加藤エル兄

そもそもFXでは月利100%ってことはほとんどないんだよ

カトエル
カトエル

え!?そうなの!?

加藤エル兄
加藤エル兄

ほとんどの場合は詐欺である可能性が高いね

カトエル
カトエル

そうなのか…

ちなみに詐欺かどうかを見分ける方法ってある?

加藤エル兄
加藤エル兄

見分ける方法はないけど、騙されないためにどうすべきかなら教えられるよ!

カトエル
カトエル

じゃあFX自動売買詐欺に騙されないためにどうすべきかについて教えて!

加藤エル兄
加藤エル兄

おっけー!

月利100%は嘘!FX自動売買詐欺にダマされないためには?

「FXの自動売買とは詐欺なのか」

FX自動売買を使いたいけど、SNSやネット上では「FX自動売買=詐欺」のような情報が出回っているため、迂闊にFX自動売買手を出せないかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

FX自動売買とは、あらかじめプログラムされたトレードルールをもとに、人の手を介さず自動的に売買取引を行ってくれるものです。

FX自動売買の設定さえ行えば、プログラムが24時間相場状況を監視して取引を行ってくれるので、忙しくてチャートを見ている暇がないという人でも取引タイミングを逃さずFX取引ができます。

しかし、実際にFX自動売買に関する口コミやブログでも「FX自動売買ソフトの詐欺にはご注意を」という文言はよく見かけます。

ですが、市場に出回ってるFX自動売買の全てが詐欺というわけではありません。

今回はFXの自動売買の安全性について、詐欺に引っかからないようにするためには、どのようなポイントに気をつけるか、についてご説明していきます!

本記事で得られる知識
  • なぜFX自動売買詐欺に引っかかるのかわかる
  • FX自動売買詐欺の被害にあったらどうすればいいかわかる
  • 詐欺に注意すべきFX自動売買について理解できる

そもそもFX自動売買と裁量トレードの違いは?

FXや投資には大きく分けて、「裁量トレード」と「システムトレード」の2種類の取引方法があります。

裁量トレードとは、自分でテクニカル分析やファンダメンタルズ分析を行い、その予測に従ってトレードを行う方法です。

一方、システムトレードは自動売買システムを利用して、相場の予測から注文・決済まであらゆることをコンピューターが自動で取引を行います。

自動売買システムは、仕事をしていようが、寝ていようが、遊んでいようが、コンピューターは黙々とトレードを繰り返していきます。

気づけば資金が倍になっていた、というのがシステムトレードのアピールポイントです。

トレードする時間も必要ないため、便利であることは間違いないでしょう。

チャートを確認する時間も、しかもなかなか損切りできない人にとっては、トレードが感情に左右されにくいという点もメリットの一つです。

必見!FX自動売買詐欺に引っかかる理由

FXの自動売買には一部、高額でシステムを販売する詐欺業者が存在します。

「必ず儲かる」「絶対に損をしない」といった宣伝に騙されて、高額な自動売買ソフトを購入したという人は、かなり多いです。

しかし、実際い使ってみると半年経っても勝てる月が一度もないというケースがあります。

このように、自動売買詐欺に引っかかってしまうのには、きちんと理由があります。

自動売買詐欺に引っかかってしまう理由とは、「必ず儲かる」「絶対に損をしない」などの宣伝に付随して、実際の相場の動きと相関のあるデータを見せられ、信憑性が高まっているからです。

いってしまえば、「バックテスト」の結果はいくらでも改ざんが可能なのです。

最適な過去のデータを当てはめているようなもので、自動売買を販売している業者が出しているバックテストの結果の信用度は、かなり低いです。

ですが、全くバックテストを考慮しないというわけではなく、「フォワードテスト」の結果も合わせて見るようにしましょう。

フォワードテストとは実際の運用実績ですので、バックテストに比べると信用度は高めです。

ですが、もともと詐欺まがいの商法の場合は、デモトレードをリアルトレードのように見せかけてくるので注意が必要です。

FX自動売買詐欺に引っかからないためには?

FX自動売買詐欺に引っかからないためには、先ほど説明した「バックテスト」の期間に注目してみましょう。

FX自動売買を販売している業者のほとんどは、このバックテストを通して自社の自動売買ツールがどれだけ優れているかを示しています。

そして、ほとんどのFX自動売買のバックテストの結果は、右肩上がりの好成績を残しているかと思います。

ただ、ここで注意していただきたいのが「バックテストの期間の長さ」です。

「バックテストの期間の長さ」の理想は、過去10年間でバックテストを取っているFX自動売買です。

ですが、FX業者によっては数年間のみのバックテストの結果を載せているところもあります。

このように、過去数年間の結果しか記載していないFX業者の自動売買システムは詐欺の可能性が高いです。

では、なぜ期間の長さが10年間が理想なのでしょうか?

バックテストの期間が10年間が望ましい理由

なぜ期間の長さが10年間が理想なのかというと、期間が長ければ長いほど、バックテストの結果を改ざんしにくいからです。

自動売買システムにとって都合のいい期間だけをデータとして使うことができ、全くランダムの方向にエントリーをして一定の値幅で利確と損切りを繰り返すような自動売買でさえも、利益がでる年をピックアップして掲載することができるのです。

また、金融危機は10年に1度の周期で起こるといわれていることから、そのような時の結果はFXトレーダーとしては知りたいところでもあります。

ですので、「バックテストの期間の長さ」は詐欺に引っかからないための大切なポイントになります。

このバックテストの期間、結果に気をつけて使う自動売買を精査して、だまされないことが何よりも大事です。

相場は常に変化する!ある日突然FX自動売買で稼げなくなる

今までFX自動売買で稼げていたとしても、ある日突然FX自動売買で稼げなくなるというケースはよくあります。

ある日突然FX自動売買で稼げなくなる理由は、常に変化する相場環境に、FX自動売買がついていいけなくなってしまったということです。

かつて米国で、資本金6,500億円で設立されたヘッジファンド会社がありました。

このヘッジファンド会社の驚くべき点は4年間で、その20倍もの13兆円もの資金を運用できるところまで拡大したということです。

このヘッジファンド会社の名前は「LTCM」。

この「LTCM」という会社は天才トレーダーや、ノーベル経済学賞受賞者2名、元FRB副議長などで組まれたドリームチームで、最先端のシステムトレードによって年利平均40%を生み出したのです。

そこで銀行は多くの資金を、LTCMへと投資しました。

かしアジア通貨危機によって、この「LTCM」は、なんと数年で破綻してしまったのです。

このように、かつて資金を4年間で20倍にした会社でさえ、相場環境の変化には敵いません。

システムトレードは、大きなサプライズによって過去に例を見ないようなトレンドが発生した際に、対応しきれないという傾向が強いのです。

大きなサプライズの例として、2008年のリーマンショックや、2016年の英国のEU離脱などがあげられます。

勝ち続けていた自動売買も、いつ相場の変化に対応できず使い物にならなくなるかはわかりません。

自動売買を導入を検討されているのであれば、こういったリスクを把握しておくことと、自動売買の定期的な見直しを絶えず行っていってください。

FX自動売買詐欺の被害にあったら?法律家の意見

ここまででFX自動売買に関する詐欺の注意点や実際に運用する際のリスクを解説してきました。

次は実際に詐欺被害にあった場合どうすればいいのかや、詐欺として訴えることはできるのかなどを被害例を用いて法律家の意見を踏まえて解説していきます。

Q1.
FXの自動売買ソフトを70万円の買い切りで購入。しかし3ヶ月ほどずっとマイナスが続いている。利益の保証、および返金の保証はしないという契約書に同意している。

A1.
自動売買ソフトについて、会員制ではなく売り切りの場合には資格は不要。しかし、実際には利益を得ることが難しいにもかかわらず、現実とかけ離れた実績を示し、実質的に将来の利益を煽った上で販売したのであれば、詐欺または錯誤で返金請求が認められる可能性は十分にある。

Q2.
SNSより勧誘されてFX、せどりの方法を教えるといわれ、せどりの情報料30万円とFX自動売買取引の予約金20万円を振り込んだ。自動取引の予約金は80万円から出ないと運用できないと言われ、返金請求をしたが返金には応じてもらえなかった。

A2.
振込先について、相手の個人情報の取得ができる可能性がある。本件は、消費者被害の可能性がある。刑法上は詐欺罪に該当する可能性もあるため、警察に被害届を提出し、振込口座の凍結の依頼を推奨。ただ、口座は別人の名義の可能性もあるため、相手方の特定ができない場合も多い。

このように、もし詐欺被害にあった場合は法律家に事情を説明し、どうすればいいのかを決めるのが得策です。

巧妙な手口で人を騙す業者は一定数いますので、十分に気をつけましょう。

詐欺に注意すべきFX自動売買は?

詐欺に注意すべきFX自動売買は、MetaQuotes社が提供しているMetaTrder4で使用できる、ExpertAdvisor(通称EA)です。

海外のFXサイトではMT4は一般的ではあるものの、日本のFX会社ではそれぞれチャートソフトを自社で独自に提供する傾向が強く、使えるところが限られています。

MT4の自動売買のEAは、EA販売サイト等で入手したEAを利用するほか、プログラムの知識があれば自分で考えた売買ロジックでEAをを作成することもできます。

また、ヒストリカルデータという過去の価格データを使ったバックテストが可能です。

豊富な種類のEAをがインターネット上にはありますが、自動売買の詐欺の多くはこのEAを用いたものが多いですので、上記にある詐欺の見分け方を参考にEAを選んでください。

まとめ

今回はFX自動売買詐欺にダマされないためにはどうすべきかについて解説しました!

加藤エル兄
加藤エル兄

わかったかな?

カトエル
カトエル

うん!バックテストの結果にだけ目がいかないように気をつけるね!

加藤エル兄
加藤エル兄

そうだね!バックテスト以外にもフォワードテストも確認するようにしよう!

じゃあ、今回の内容をまとめるね!

FX自動売買詐欺まとめ
  • FX自動売買詐欺のバックテストは改ざんが可能
  • FX自動売買詐欺のバックテストの期間は10年が望ましい
  • FX自動売買は相場の変化に対応できないリスクがある
  • MT4のFXEAを選ぶ際はバックテストとフォワードテストを確認する
加藤エル兄
加藤エル兄

ぜひ皆さんもFX自動売買詐欺に合わないように気をつけましょう!

FX自動売買ALL in Oneコンテンツ無料プレゼント

「自動売買で稼いで自由な生活を送りたい

「過去に投資で損失を出して取り戻したい

「何となくネットを見ていたらこのページにたどり着いた

今この文章を読んでいただいているあなたはどのような状況でしょうか?

どのような状況の方にも価値のあるプレゼントになっております。

加藤エル兄
加藤エル兄

ぜひ私を信じて、FXの自動売買を共に攻略しましょう!

豪華特典にも限りがございます。

【FX自動売買ALL in Oneコンテンツ無料プレゼント】のお受け取りは下記からお申し込みください!

FX自動売買ALL in Oneコンテンツ無料プレゼント