投資知識

FX初心者が取引するべき通貨ペアは「ドル円」!【はじめてのFX】

FX初心者が取引するべき通貨ペアは「ドル円」!【はじめてのFX】

FXは株式と比べて投資対象が少ないため対象を選びやすいのですが、それでもFXを始めたばかりの初心者はどの通貨ペアを取引するべきかわからないものです。

「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」「NZドル/エン」など様々な各通貨ペアがありますが、実は各通貨ペアには特徴があり、どういったトレードをするかによっても向き、不向きの通貨ペアがあります。

その中でFX初心者が取引するべき通貨は、ズバリ『ドル円』です。

それではなぜ、「米ドル/円」つまり『ドル円』がFX初心者が取引するべき通貨なのでしょうか?

今回はその理由についてそもそも通貨ペアとはなんなのかというところからご紹介していきます。

通貨ペアとは一体なんなのか?

通貨ペアとは、売買する2つの国の通貨の組み合わせのことをいい「ドル円」と表したり、「米ドル/日本円」「USD/JPY」などと表したりします。

更に左側にある通貨は「基軸通貨」といい、右側にある通貨は「決済通貨」といいます。

例えば「米ドル/日本円」で買いの場合「基軸通貨である米ドルを買い、決済通貨である日本円を売る」ということになります。

とても重要な要素!ドルストレートとクロス通貨とは一体?

ドルストレートとは、『ドル円』や『ユーロドル』など、米ドルを含む通貨ペアのことで、基軸通貨の「米ドル」を「直接取引」するため、ドルストレートと呼ばれています。

また米ドルが入っていればドルストレートと呼ぶので、その数はFXの通貨ペアの分だけあります。

クロス通貨は、ドルストレートとは逆で直接取引せずに米ドルを仲介する通貨ペアの事を言います。

また、その中でも「ユーロ円」や「豪ドル円」などの「ドル円」以外で日本円が絡む通貨ペアはクロス円と呼ばれます。

ドルストレートとクロス通貨の特徴の違いとしては、ドルストレートの場合は米ドルと相手国との2つの国の要因によりレートが変動するので比較的安定的な値動きをし分析しやすいのが特徴で、クロス通過の場合は、「基軸通貨」と「決済通貨」の2つの国に加え米国も絡むため、ドルストレートよりは複雑で値動きが荒れてしまうことがあることが特徴です。

FX初心者のかたは比較的安定的な値動きをしているドルストレートの通貨ペアを選びましょう。

また、記事冒頭でお伝えしたFX初心者が取引すべき通貨ペアである『ドル円』も言わずもがなドルストレートです。

FX初心者にはなぜ『ドル円』がおすすめなのか。通貨ペアの選び方とは?

通貨ペアを選ぶ上で大事なポイントが大きく分けて3つあります。

1つが「取引量」です。

取引量が多い通貨ペアは、市場参加者が多く、少数の市場参加者だけの力で大きな値動きをもたらすのは難しいため、比較的安定した値動きをします。そのため相場の分析がしやすい傾向にあります。

ユーロ/ドルやドル/円、ポンド/ドルが代表的な取引量が多い通貨ペアです。ドルストレートが全体に占める取引量が多いです。

ちなみに日本で取引量が多い通貨といえば「ドル円」ですので、国内外問わず値動きが安定した通貨という認識なのは間違いないです。

次に大事なポイントは「値動きの大きさ」です。

値動きが大きい通貨ペアは損失が大きくなりやすいというリスクもありますが、思い通りに動いたときにはリターンが大きくなり。

特に売買差益を狙うような場合には、値動きが大きいほうが利益をあげやすいです。

ドル円は値動きが安定しているのに加えて流動性も高く利益を上げやすいのでとてもいい通貨ペアといえます。

3つ目の大事なポイントが「スプレッドが低いかどうか」です。

スプレッドとは「売値と買値の差」のことで、トレーダーにかかる実質上の取引手数料です

当然スプレッドの開きが小さい方がお得で、逆に開きが大きいほどその分支払うべき手数料が高くなります。

それでは各通貨ペアごとにどれくらいスプレッドに差があるのでしょうか。FX会社によってスプレッドは異なるのですが、国内大手FX会社ですと世界レベルで取引量が多い「ドル円」「ユーロドル」に加え、国内で取引量が多い「ユーロ円」「豪ドル円」もスプレッドが低いです。

しかし、世界レベルで取引量が多い通貨ペアの中でも「ポンドドル」や「豪ドル米ドル」はスプレッドが高い傾向にあります。

3つの大事なポイントをおさらいすると、1つが「取引量」でした。取引量が多い安定した値動きの通貨を選びましょう。

2つ目が「値動きの大きさ」でした。値動きが大きい通貨ペアは損失が大きくなるリスクもあるので、ドル円のような値動きがあんていしていて、流動性の高い利益の上げやすい通貨を選びましょう。

最後のポイントが「スプレッドが低いかどうか」でした。スプレッドが低いとその分低コストで取引ができるので、スプレッドが低い柄ペアを選ぶようにしましょう。

以上3つのポイントから、取引量が多く、スプレッドが低い「ドル円」がFX初心者におおすすめの通貨ペアになります。

ドル円の詳しい特徴とは?これを知らなきゃドル円は語れない!

ここまでで通貨ペアの選び方とドル円がFX初心者におすすめの通貨ペアだということはおわかりいただけたかと思います。それでは、改てドル円の詳しい特徴について説明していきます。

ドル円は非常に取引量が多い通貨ペアで、国際決済銀行によると、2016年の取引量はyイーロドルに次ぐ2位の9020億米ドルで、シェアは17.72%にもなっています。

通貨ペアを選ぶ上で大事なポイントの2つ目で説明したとおり、取引量多い通貨ペアであることから、ドル円はイレギュラーな動きをしづらく、安定した値動きをする傾向にあります。

ドル円には実は月ごとや時間ごとにも異なる特徴があります。例えば1~3月は、日本の金融機関や企業の決算があるため、円高になりやすいです。

4月に差し掛かると日本の投資信託や生命保険が海外へ投資するために円を売るため円安傾向になりやすいのです。

また、2・5・8・11月は米国債の利払いというものがあるので、アンダカになりやすく、12月は米国企業の決算のため円安になりやすい傾向にあります。

このように、ドル円には月ごとに異なった傾向があるので、大きな流れとして把握しておきましょう。

時間ごとの特徴としては9時55分に国内輸入企業によるドル買いが行われるので、その少し前から円安になりやすい傾向にあります。

ドル円は取引量がとても多い通貨ペアですが、24時間を通してずっと取引量が多いわけではなくて、活発に取引される時間帯があります。

例えば、日本企業が動き出す9時~銀行仲値の決まる9時55分までの時間帯は、東京時間の中でも特に活発な取引が行われます。

またニューヨーク時間はドルが主役なのでドル円はよく取引されニューヨーク時間の午前中はアメリカの経済指標が発表されたりロンドンフィックスもあるので、取引量は非常に多いです。

ドル円を取引する際は、時間ごとの特徴をしっかり捉えて取引をおこなていきましょう。

ドル円で気をつけるべきポイント!安心しきってはいけない!

ドル円の取引でかかせないのが、米国とユーロの経済指標です。重要な経済指標は必ずチェックしましょう。

ドルに関しては米・雇用統計が最も注目されます。その結果が相場に大きな影響を及ぼすので最も注意して見なければいけません。結果によってはドルが絡む通貨は乱高下します。

その他にはFOMCという金制作を決定する会合も市場の注目度は高いです。

日本の経済指標に関しては米国やユーロの経済指標に比べて影響は小さいため、大きな値動きは少ないことに注意が必要です。

まとめ

今回はFX初心者が取引すべき通貨ペアについて解説を行いました。通貨ペアとはなんなのか、通貨ペアを選ぶポイントをしっかり把握して取引しましょう。

また、FX初心者のかたはドル円がおすすめですので、気をつけるべきポイントやドル円の詳しい特徴をしっかり覚えてFXトレードに活かしましょう。