投資知識

ドル円を取引するための時間足を理解しよう!【FXのデイトレード講座】

ドル円を取引するための時間足を理解しよう!【FXのデイトレード講座】

あなたはどうしてFXを始めようとおもいましたか?

人それぞれやりたいこと、手に入れたいものがあってはじめたのだと思います。

しかし始めてみてどうでしょうか?

ネット上にある多くの情報の中でどれを参考にしたらいいのかわからない。そう思っている方も多いはずです。

この記事では、どこよりもわかりやすく、あなたの『時間足への理解』のちからになります。

この記事を読めば取引を行う上で時間足について理解しておくべき情報が手に入ること間違いありません。

何から学べばいいのかわからない。そう思っている方はぜひ読み進めていって下さい。

この記事を読み終わったあとには、あなたの時間足への理解は読む前に比べてレベルアップしていることでしょう。

それでは始まります。

FXトレードをしていく上で非常に重要なことの一つが時間足を理解することです。

ただ時間足を理解するといっても実はトレード手法によって利用する時間足が変わってきます。

簡単にいうと、短期間の取引の場合は、1分や5分足などの短期間の時間足、長期間では4時間足や、日足などを使ってトレードを行っていきます。

そもそも時間足とは一体?

時間足がなんなのかということから解説していきます。例えば5分足なら、5分間の値動きの高値安値、始値終値を表したものです。

短期トレードの場合だと、短時間のうちに動く値幅を利用してトレードをしていくわけですから、短期間の時間足チャートにおいて円高あるいは円安のトレンドが形成されているかを確認して、そのトレンドに合わせた売買が必須となります。

上昇トレンドなら買い、下降トレンドなら売っていくというような判断をしていくわけです。

いわゆる順張りと言われる手法がこれになります。

ちなみに利用する時間足はスキャルピングの場合は1分足と5分足、デイトレードは5分足と15分足または30分、60分足を主に利用すると言われています。しかし個人差はあるので、その限りではありません。

次に長期トレードの場合ですと、スワップ金利が目的の場合が多いですから、短期トレードの場合よりもトレンドを見極めることが重要になります。

今後のトレンドの方向の判断を誤ると、スワップ金利分の利益よりも為替差益による損失で相殺になるリスクが大きくなってしまいます。

ですので、長期トレードをする際は、日足、週足、月足などマルチタイムでしっかりと相場の流れを確認し。トレードしていかなければなりません。

時間足によって相場環境が違う!その理由と分析方法とは?

実際にチャートを見て時間足をいくつか見てみましょう。
時間足によって相場環境が違う!その理由と分析方法とは?
どうでしょうか。自分で見て何かに気付かないでしょうか?

そうです。時間足を変えてみると全く別のチャートに見えます。

相場のトレンドや方向性、5分足と日足とでは全然別物です。

例えば、1時間足は上昇しているのに、5分足は下降している。どっちを基準にしたらいいのかわからなくなってしまう。

なぜこういう現象が起きるのでしょうか?

答えは単純です。1つのろうそく足が確定するまでの時間が違うからなんです。

1時間足を見てください。このローソク足1本の中には5分足は12本入っているわけです。

ですので必然的に形や流れは時間足ごとに違うのです。

それではどちらを基準にしたらよいのでしょうか。その答えこそ時間足の本質的な理解につながります。

ここからが本番!時間足の本質とは?

本質の理解というと難しく聞こえてしまうかもしれませんがいたってシンプルです。

結論からいうと、長期間の時間足は、常に短期間の時間足を支配しているので、短期間の時間足は、長時間の時間足の流れに逆らうことはできないのです。

まずはこの原理原則を理解しなければいけません。

上記にありますが、1時間足のローソク足が1本確定するまでに、5分足のローソク足は12本できているわけです。

仮に1時間足が下降トレンドだったとしても、5分足は1時間足1本できるまでにあがったりさがったりしているので、常に下がっているわけではないのです。

1時間足や4時間足が下降トレンドのときでも、5分足は上昇トレンドだったという経験ありませんか?

なぜこういったことが起きるかというと、相場はいくらトレンドが発生したとしても上下移動しながら推移します。

上昇トレンドの場合上がってから一旦下がって押し目をつけて、また再上昇します。

4時間足での押し目への下降は5分足レベルで見ると下降トレンドになっているというわけです。

しかし、上記にあるように、長時間の時間足は、常に短期間の時間足を支配しています。

ですので、4時間足で上昇トレンドを形成している場合で、押し目に向かう下降をしていて5分足で下降トレンドを形成していたとしても、5分足のトレンドは簡単に崩されて、長期足のトレンド方向に戻されてしまいます。

これが、長時間の時間足は、常に短期間の時間足を支配しているということです。

時間足の本質はわかっていただけましたでしょうか?

FXをやる上で非常に重要ですので必ず頭に入れて取引をおこなって下さい。

FXでうまくいかない人は、時間足が教えてくれる情報を軽視しています。

時間足ごとの相場支配。この原理原則が頭にないうちは絶対にFXで勝つことはできないでしょう。

この記事を読んだあなたはまた一つレベルが上がったに違いありません。自信を持ってトレードしましょう。

ドル円における時間足の選び方!デイトレードするならこの時間足で!

ドル円は取引吸うも多くとても安定した動きの通貨です。トレンドが明確に発生し、レンジ相場も安定したサイクルでの値動きをすることが多いです。

ですのでトレードスタイルに合わせて、短期取引なら1分や5分足でも十分に安定した取引ができますし、デイトレードなど中長期的なトレードスタイルですと、15分足~4時間足くらいを基準にトレードしていくのがとてもおすすめです。

まとめ FXにおける時間足の理解

それでは今回の記事のまとめをしていきます。しっかり振り返りましょう。

  • 時間足とは一定期間内の値動きの安値高値始値終値を表したものです。5分足でいうと5分間の値動きの安値高値始値終値を表したものです。
  • 短期トレードの場合と長期トレードの場合に基準にする時間足は違います。ですので、自分の取引に合わせた時間足の選び方が重要です。
  • 長期間のローソク足と短期間のローソク足ではトレンドの方向性が違うことがあります。しかし、短期間の時間足は常に長期間の時間足に支配されているので、長期間のローソク足と短期間のローソク足のトレンドが異なる場合、短期間のローソク足のトレンドは長期間のローソク足のトレンドの方向にいきやすいです。
  • ドル円は非常に値動きが安定した通貨なので、短期トレードなら短期間の時間足、デイトレードなどの中長期取引であれば15分~4時間足がおすすめです。

最速!今すぐにでもできる時間足理解!

いかがだったでしょうか、しっかりと理解できましたでしょうか?

最後に今すぐにできる時間足理解の実践方法をご紹介いたします。

チャートを開いて下き、4時間足をよく見て下さい。相場、トレンドの方向性を見て下さい。さして最後のローソク足を見て下さい。どのような流れだったでしょうか。

次に5分足を見て下さい。方向性などを確認し4時間足との違いをしっかりと確認してください。4時間足1本の中には48本入っているという意識を持って相場を観察してみて下さい。また一つ発見があるはずです。