投資知識

FXで取引するならこの通貨!おすすめの通貨とその特徴や選び方は?

FXで取引するならこの通貨!おすすめの通貨とその特徴とは?
カトエル
カトエル

兄ちゃん兄ちゃん!

加藤エル兄
加藤エル兄

どうしたんだいカトエル?

カトエル
カトエル

FX初心者が取引するならどの通貨ペアがオススメなの?

加藤エル兄
加藤エル兄

ん〜オススメの通貨ペアか〜…

カトエル
カトエル

通貨ペアっていっぱいありすぎて、どれを選んで取引していいかわからないんだ

加藤エル兄
加藤エル兄

じゃあ今回は初心者にオススメの通貨ペアについて説明するね!

カトエル
カトエル

わーい!ありがとう!

FXで取引するならこの通貨!おすすめの通貨とその特徴とは?

FX取引で悩むポイントの一つとして「通貨ペアの選択」があります。

「ドル円」「ユーロ円」などのメジャーな通貨ペアをはじめ、「豪ドル円」「ニュージーランドドル円」のような一般的にはあまり聞かない通貨ペア。

2018年に世間をにぎわせた「トルコリラ円」や、値動きが激しいことで有名な「アフリカランド円」など様々な通貨ペアがあります。

さらに「ユーロドル」や「豪ドル・米ドル」のような非対円の通貨ペア(クロスカレンシー)もあります。

以上のような通貨ペアが、FX会社によっては50ペア以上ある場合もあり、初心者の方は特に「どの通貨ペアで取引をすればいいのか」という悩みを抱えているでしょう。

今回は、FXで取引をするならおすすめな通貨ペアの選び方について解説をします。

本記事を最後まで読むことで、初心者にとってどの通貨ペアで取引をすれば良いのかが理解できます!

本記事で得られる知識
  • 通貨ペアを選ぶポイントについて理解できる
  • トレードスタイルにあった通貨ペアを選ぶことができる
  • 通貨ペアごとの特徴について理解できる

FXの基礎知識・通貨ペアとは?

通貨ペアとは?
FXの通貨ペアは、「決済通貨」と「基軸通貨」から構成されている通貨の組み合わせのことを指します。

上の画像のように、「通貨A/通貨B」と表示され、左の通貨Aが取引のメインとなる決済通貨、右側の通貨Bは通貨Aを買う際の基軸通貨となります。

また、FXでは新規で買い注文を出すことを「買い建玉を建てる」といいます。

例えば「ドル円」の場合、「ドル円の買い建玉を建てる」という場合は、ドルを円建てで買うという意味になります。

FXでは、「ドル円」「ユーロ円」のような、基軸通貨が円である「クロス円通貨ペア」と、「ユーロドル」「ポンドドル」のように、ドルが基軸通貨である

「ドルストレート通貨ペア」が主に取引されています。

FX会社によっては、まれに「クロスユーロ通貨ペア」なども存在するようです。

通貨ペアの取扱数はFX会社によります。平均的には20~30ペアほどですが、取り扱いが多いFX会社だと150通貨ペアを取り扱っている場合もあるそうです。

FXの通貨ペアの選び方-知らなきゃ損する通貨ペア選び3つのポイント-

FXは通貨ペア選びによって勝敗が決まると言っても過言ではありません。

なぜなら、それぞれの通貨ペアで値動きが全く違うからです。

通貨ペア選びを間違ってしまうと、せっかくテクニカル分析などの勉強をしてトレードに挑んでも負けてしまうかもしれません。

逆に、しっかりと通貨ペア選びを行うことで、勉強してきた知識を活かしてFXで儲けられる可能性が高まります。

ここでは、FXの通貨ペアの選び方について、3つのポイントに絞って解説します

通貨ペア選びのポイント①:流動性のある通貨ペアを選ぶ

通貨ペア選びとして最も大切なポイントは「流動性が高い通貨ペアを選ぶ」という点です。

流動性が高い通貨ペアを選ぶ理由の説明の前に、まずはどの通貨ペアが流動性が高いかをチェックしてみましょう。

通貨別の外国為替世界シェア
上の画像を見ると、通貨別の外国為替世界シェアの第1位は「ドル」です。その次に「ユーロ」「円」と続きますね。

つまり、通貨ペアとして流動性が高いのは「ユーロドル」「ドル円」「ユーロ円」となるわけです。

その後に「ポンドドル」「オーストラリアドルドル」などが続きますね。

それでは、なぜ通貨ペア選びをする際に、通貨の流動性を重視するのでしょうか?

まず、流動性が高く、取引が多く行われている通貨ペアは、テクニカル分析の効果が出やすいです。

テクニカル分析は、過去の取引結果(チャートの値動き)から未来の値動きを予測する手法です。

そのため、過去の取引の実績(流動性)が多ければ多いほど、予測が当たりやすくなるのです。

これは、サイコロを6回振るのと1億回振るのとでは、後者のほうが1~6の面が出る確率が6分の1になりやすいというのと同じですね。

また、流動性が高い通貨ペアは、取引の手数料が安いです。FXの場合はスプレッドですね。

実際に、FX会社でスプレッドの安さをアピールするためによく引き合いに出されるのは「ドル円」や「ユーロ円」などの比較的流動性の高い通貨ペアです。

スプレッドとは?FXに必要な専門用語を世界一わかりやすく解説
スプレッドとは?FXに必要な専門用語を世界一わかりやすく解説初心者の方が一番につまずくポイントは、専門用語がたくさんでてくる点です。 本記事では、FXの取引において重要な専門用語について、初...
さらに、流動性の高い通貨ペアは変則的な値動きをしにくいので、スリッページが発生しにくいです。

 

「スリッページ」とは、FXで為替レートを見ながら注文をする際に発生する現象で、「発注価格と約定価格がずれてしまう」というものです。

流動性が低い通貨ペアだと、1度の値動きで大きな下落をしてしまうということが日常茶飯事で起こりますが、流動性が高いと一定時間内の約定数も多くなるので、値動きはほぼ限定的です

通貨ペア選びのポイント②:必ずファンダメンタル分析をする

流動性だけでも通貨ペアはほぼできますが、できればファンダメンタル分析もしっかりしましょう。

ここでいうファンだメンタル分析は財政が怪しい通貨を見極めてリスクを避ける」ということです。

例えば、トルコリラのように、「スワップポイントは高いけど、国内の情勢が悪く通貨トレンドが下落している」という通貨は取引するべきではありません。

ここで、トルコのスワップポイントだけにつられて「トルコリラ円」を取引する通貨ペアとして選んでしまうと、損してしまうわけですね。

また、通貨ペア選びとは少し話がずれますが、経済指標カレンダーをチェックしておくこともおすすめします。

自分が取引を考えている通貨ペアの発行体の重要イベントが直近に控えていると、流動性が高い通貨ペアでも「テクニカル分析通りに値動きしない」「為替の変動が激しくなる」といったことがよく発生します。

重要イベント前にはトレード自体をしないことをおすすめします。

FXに必要不可欠なファンダメンタル分析の基礎知識【知ってますか?】FXブログやFX初心者の方のツイッターなどを眺めていると、どうやら「FXはチャートを眺めていれば勝てる」と思っている方が多いように感じま...

通貨ペア選びのポイント③:トレードスタイルに合わせて選ぶ

「取引する通貨ペアを選ぶポイント」は、自分のトレードスタイルが短期取引なのか、中期取引なのかなど、取引に要する期間によって、取引する通貨ペアを選びます。

少しの値動きだけで利益を狙う「スキャルピング」や、数分~数時間の値動きで利益を得る「デイトレード」。

日をまたいでポジションを保持して大きな利益を狙う「スウィングトレード」など、あなたの性格や稼ぎたい金額、投資に使える費用によってトレードスタイルは異なるでしょう。

また、投資経験年数が短いトレーダーは、値動きが大きい通貨ペアを選ぶことは好ましくないといえるでしょう。

中には、建玉を1年以上保有してスワップポイントだけで稼ぐことを目的としているトレーダーもいます。

このようにトレードスタイルによって、「どの通貨ペアがいいのか」が変わってきますので、まずは自分のトレードスタイルについて理解しましょう!

以上の「自分のトレードスタイルについて理解すること」が、通貨選びのポイントになります。

通貨ペアを選ぶ前に自分のトレードスタイルについて把握しよう!

通貨ペアを選ぶには、まずは自分自身のトレードスタイルを見極めることが必須です。

あなたが、「FXに使える資金はいくらくらいでしょうか?」「投資経験は長いですか?」あなたの性格も、通貨ペアを選ぶ大きなヒントとなります。

「長い時間ポジションを保有したくない」「小さな値動きだけで利益を狙いたい」ということであれば、投資スタイルは「スキャルピングタイプ」が適しています。

チャート分析をしっかりして値動きを予想したい勉強かタイプであれば「デイトレード」、または「キャリートレード」が向いているトレーダーだといえます。

さて、あなたの投資スタイルは大体把握できたでしょうか?

ご自身の投資スタイルを踏まえたうえで、次は「投資スタイルごとにおすすめできる通貨ペアとその特徴」について読んでいきましょう。

FX初心者にオススメ!流動性が高く信用度の高い通貨ペアを選ぼう!

FXの初心者にオススメな通貨ペアの条件は2つ、

  • 流動性が高い
  • 信用度が高い

この2つの条件を満たしている通貨ペアです。

流動性が高い通貨の代表として、米ドルやユーロなどの取引量が多い通貨があげられます。

FXだけではなく株などにも言えることですが、「より多く取引されているモノは安全である」という認識があります。

その理由としては、「買い手(売り手)が常にいる」という点があります。

流動性が低い通貨だと、買いが多く入る場合と売りが多く入る場合が極端に大きく分かれます。

極端に大きく分かれるということはつまり、「値上がりするときは爆上げして、値下がりするときは爆下げする」というリスクがあることを意味します。

また、通貨の発行体(国や連合)の「信用」も大切です。

ドル円やユーロ円は、下降トレンドの場面もあることにはありますが、通貨や通貨の発行体であるアメリカやユーロ圏にはある程度の信用があるため、ある程度まで下がっても買い戻し注文が入る可能性が高いです。

一方でトルコリラのように、「いつ国が崩壊するかわからない」というような通貨ペアだと、下がるときはどんどん下がる一方で、トレーダーは大きな損失を被る可能性があります。

以上のことから、初心者にオススメな通貨は「流動性が高く信用度の高い通貨」が安全に取引ができるためオススメです。

流動性が高い通貨ペアはチャート分析が有利になる

流動性が高い通貨は「平均的な事象が起こりやすい」という特徴があるので、チャート分析をするのにも比較的有利です。

これは「サイコロを振る回数と出る目」をイメージすればわかりやすいと思います。

サイコロを6回振っただけだと、1~6までの数字でどの数字が出る割合は6分の1にはならないでしょう。

しかし、サイコロを振る回数が多くなればなるほど、1~6までそれぞれの数字が出る確率は6分の1に近づくのが自然の摂理です。

トレードの場合もも同じで、多く取引される通貨ほど「自然の摂理」に近づきます。

そして、FXトレーダーは、「未来の値動きは過去の値動きに影響される」という自然の摂理を信じて「チャート分析」を行います。

以上のことから、取引が多く行われているドル円とユーロ円がチャート分析を行うのに有利になります。

FX初心者でチャート分析派におすすめの通貨は「ドル円」「ユーロ円」

投資経験が短い初心者の方や、チャート分析をしっかりした「デイトレーダー」「キャリートレーダー」の方には「ドル円」と「ユーロ円」をおすすめします。

「ドル円」と「ユーロ円」をおすすめする理由は、現代の世界経済では「ドル」「ユーロ」「円」が主要通貨として認識されているため、「各国の政局によって大きな損失を被るリスクが小さい」からです。

また、先ほどご説明した流動性が高く信用度が高いことも「ドル円」「ユーロ円」のメリットだといえます。

FXのスキャルピングにの通貨ペアは3種類

「短い時間でトレードを手じまいたい」というスキャルピングトレーダーにオススメな通貨ペアは3種類。

  • トルコリラ円(TRY/JPY)
  • 英ポンド円(GBP/JPY)
  • 南アフリカランド円(ZAR/JPY)

以上の3種類の通貨ペアです。

この3種類をオススメする理由として、「ボラティリティが比較的大きい」という点があげられます。

つまり、「トルコリラ円」「英ポンド円」「アフリカランド円」は、値動きが大きいので、短い時間で大きな利益を得られる可能性が高いからです。

FXでよく聞くボラとは?FXの「ボラティリティ」を世界一優しく解説します!
FXでよく聞くボラとは?FXの「ボラティリティ」を世界一優しく解説します!「ボラティリティ」は、FXだけではなく株や先物取引でも重要視されています。 しかし、ボラティリティというワードは投資をしていない方...

しかし、ここで注意したいのは「スプレッド」の大きさです。

スプレッドとは、新たにポジションを建てる際に生じるBIDとASKとの価格差のことです。

短時間で生じる比較的小さな値動きで利益を狙うのであれば、手数料として掛かってしまうスプレッドが低いFX会社を選ぶことがポイントになります。

スプレッドとは?FXに必要な専門用語を世界一わかりやすく解説
スプレッドとは?FXに必要な専門用語を世界一わかりやすく解説初心者の方が一番につまずくポイントは、専門用語がたくさんでてくる点です。 本記事では、FXの取引において重要な専門用語について、初...

FXのスワップポイントを狙うのにおすすめの通貨ペア3種類

スワップポイントで利益を狙うあなたにオススメの通貨ペアは3種類。

  • ニュージーランドドル円(NZD/JPY)
  • 豪ドル円(AUD/JPY)
  • 米ドル円(USD/JPY)

この3種類です。

FX全盛期であった2010年以前と比べると、主要通貨のスワップポンとは大分少なくなりました。

ですが、それでも上記通貨ペアの買い建玉を長期的に保有すれば、1~3万円程度のスワップポイントは比較的少ない資金でも得ることができます。

FXのスワップで儲けることはできるか?スワップについて徹底解説「スワップポイントってなに?」 「スワップポイントで稼ぐことはできるの?」 「実際トルコリラのスワップ投資っていいの?」 FX...

トルコリラ円はスワップポイント狙いにはオススメできない!?

急激な利上げをしたことで話題になったトルコリラ円は、1万通貨に対するスワップポイントが1日100円以上であることも少なくありません。

上で紹介したニュージーランドドル円や豪ドルが1万通貨に対するスワップポイントが1日40円程度であることと比較すると、トルコリラ円もスワップポイント狙いのトレーダーにオススメできそうにも見えます。

しかし、トルコリラ円は、通貨発行体であるトルコの情勢が悪く、いつまた暴落するかわからない非常に危険な通貨ペアとなっています。

長期的な保有を大前提とするスワップポイントトレードは、不安定なトルコリラ円には向いているとはいえません。

FXにオススメ通貨ペアまとめ

今回は初心者にオススメの通貨ペアについて解説しました!

加藤エル兄
加藤エル兄

オススメの通貨ペアについて理解できたかな?

カトエル
カトエル

うん!

僕はデイトレードをしたいからテクニカル分析のしやすい「ドル円」と「ユーロ円」で取引してみるよ!

加藤エル兄
加藤エル兄

そうだね!ちゃんと理科できていていいね!

じゃあ今回の内容をまとめるね!

FXにオススメ通貨ペアまとめ
  • 通貨ペアを選ぶ前に自分のトレードスタイルについて理解する
  • 初心者が取引しやすい通貨ペアは「ドル円」「ユーロ円」などの流動性が高く、信用性も高い通貨ペア
  • スキャルピングにオススメな通貨ペアはボラティリティが大きい「トルコリラ円」「英ポンド円」「南アフリカランド円」の3種類
  • スワップポイントを狙うのにオススメな通貨ペアは金利が高く値動きが安定している「ニュージーランド円」「豪ドル円」「米ドル円」の3種類
  • スワップポイントを狙うのに「トルコリラ円」は暴落のリスクが高くオススメできない
加藤エル兄
加藤エル兄

ぜひ今回の記事を読んで、自分のトレードスタイルにあった通貨ペアを選んでみてください!

サイトでは教えられないFX必勝ノウハウを無料でプレゼント!

サイトでは教えられない!FXの必勝ノウハウ無料プレゼント

「取引を始めると相場が逆方向に動いてしまう

「損切りが出来なくてマイナスになってしまう

「つい、熱くなって資金を溶かしてしまう

FXトレードでうまくいかない原因って、なかなか自分では分からないですよね。

そんなあなたに朗報です!

突然ですが、6ヶ月で月収100万円を超えたプロトレーダー加藤エル(兄)のFX必勝ノウハウをサイト訪問者限定で無料で公開いたします!

今回アナタにお渡しするノウハウはこちらです!

  1. FXで1日3万稼ぐ:準備編:全4項目
  2. FXで1日3万稼ぐ:マインド編:全5項目
  3. FXで1日3万稼ぐ:基本編1(テクニカル分析):全8項目
  4. FXで1日3万稼ぐ:基本編2(ファンダメンタル分析):全5項目
  5. FXで1日10万稼ぐ:応用編:全5項目

さらに、今回サイト訪問者限定20名様に、加藤エル(兄)がトレードで使用しているプライスアクションが一目でわかるサインツールの他、高性能インジケーター6点以外を豪華特典を無料でプレゼント!

詳しい特典の内容は下記の通りです!

  • 1日30分のスキマ時間トレードを可能にする高性能インジケーター6点
  • 加藤エル(兄)が開発した公開前の自動売買システム
  • 初期費用不要!軍資金のための資金調達ノウハウ約30万円分
  • 利確損切ラインが丸わかり!?15万相当のライントレード教材

なぜ無料でプレゼントしてくれるの?

その理由と受け取り方法は下記の無料受け取りページから!

必勝ノウハウの詳細はこちら