投資知識

FXでトレンド相場を理解すれば月30万なんて余裕|トレンド相場の分析方法

FXでトレンド相場を理解すれば月30万なんて余裕|トレンド相場の分析方法
カトエル
カトエル

トレンド相場って奥が深いな〜

加藤エル兄
加藤エル兄

お!カトエルは勤勉だね!

カトエル
カトエル

うん!ただトレンド相場って簡単なようで難しい…

加藤エル兄
加藤エル兄

確かにトレンド相場の理解って難しいよね

カトエル
カトエル

トレンド相場ってどうやって見極めるの?

加藤エル兄
加藤エル兄

トレンド相場なら10秒で見極めることが可能だよ!

カトエル
カトエル

10秒!?どうやってやるの?

加藤エル兄
加藤エル兄

じゃあ今回はトレンド相場の見極め方について説明するね!

今回の内容のポイントは3つ。

  • トレンド相場には3種類しかない
  • 10秒でトレンド相場を見極める方法
  • フィボナッチを使ったトレンド相場の見極め方

 

この3つのポイントを抑えて聞くんだぞ

カトエル
カトエル

わかった!

FXでトレンド相場を理解すれば月30万なんて余裕|トレンド相場の分析方法

FXだけではなく、株や先物取引などの投資でも、相場の「トレンド相場」を把握することは非常に重要です。

今回は、そんな「トレンド相場」について、解説をしたいと思います。

今回の記事で得られる知識
  • トレンド相場のん見極め方がわかる
  • トレンド相場の「押し目」と「戻り目」がわかる
  • フィボナッチの使い方がわかる

トレンド相場を「予測」するメリット

ここまでは、現在発生しているトレンドが、どのような方向を向いているか把握する方法を紹介しました。

もちろん、現在のトレンドを把握できるだけでも十分にトレードに生かすことはできます。

しかし、これだけでは真に「トレンド相場を理解した」とは言えません。

「トレンド相場」を理解するというのは、「今のトレンドが上昇か、下降か、レンジか」を把握するだけではなく、「これからトレンドが発生するのか、終わるのか、継続するのか」を予測することが重要となります。

では、トレンド相場の予測をするメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

トレンド発生時に「順張り」をすれば大きな利益が得られる!

トレンドを把握するだけでも、そのトレンド方向に注文を入れる「順張りトレード」をすることは可能ではあります。

しかし、より大きな利益を狙いたいのなら、トレンドが実際に発生する前に「これからトレンドが発生する」ということをあらかじめ把握しておく必要があります。

また、トレンドの発生は逆に言えばトレンドの終わりを意味します。例えば、「上昇トレンドの始まり=下降トレンドの終わり」でもあるわけです。

これはつまり、トレンドの発生(終わり)の予兆を把握することにより、トレンド転換による大きな損失を招くエントリーを阻止することができるようになるのです。

まとめると、トレンド相場を予測することにより、大きな利益を得られるエントリーができるだけではなく、大きな損失を招くエントリー阻止することもできるようになるのですね。

トレンド終了前に利益確定をすれば利益を確保できる!

言うまでもありませんが、順張りトレードにおいて、最もベストな利益確定タイミングは「トレンドの終わり」です。

トレンドの終わりを予測することで、トレンドが終わりそうなタイミングで利益確定をすることにより、そのトレンドで得られる最大限の利益を得られるようになります。

エントリー以上に難しいのが、利益確定決済のタイミングです。

初心者の頃は「何pipsの利益が出たら利益確定する」という方針でも良いですが、中級者程度になると、pipsで利益確定を判断するのはあまりおすすめできません。

というのは、「何pipsで利益確定」と判断してしまうと、どうしても利益の金額に上限が出てきてしまうからです。トレンドの真っただ中でも「30pipsまで上がったから利益確定しなきゃ」となると、最大限の利益を得られたとは言えません。

知らなきゃFXデビューできない!トレンド相場の3つの基本

トレンド相場について理解しなければ、FXで勝つことはまず無理だと言えるでしょう。

ここでは、トレンド相場とは何なのか、またトレンド相場を知ることでトレードで勝つことができる理由について解説したいと思います。

加藤エル兄
加藤エル兄

実はトレンド相場といっても、3種類のトレンド相場があるって知ってた?

カトエル
カトエル

知らなかった!トレンド相場には3種類あるんだね!

FXのチャートを見てもらえれば分かりますが、トレンドには全部で3種類あります。

知らなきゃFXデビューできない!トレンド相場の3つの基本1つは「上昇トレンド」です。上昇トレンドは安値を切り上げて高値を更新してチャートが進行する相場で、ローソク足が右肩上がりになっている状態を指します。

 

知らなきゃFXデビューできない!トレンド相場の3つの基本次に、「下降トレンド」です。下降トレンドは高値を切り下げて安値を更新しながらチャートが進行する相場で、ローソク足が右肩下がりになっている状態を指します。

 

知らなきゃFXデビューできない!トレンド相場の3つの基本最後に、「レンジトレンド」です。レンジトレンドはいわゆる「持ち合い」の状態で、高値や安値に上限・下限がある状態でチャートが進行している相場を指します。

トレンドを大きく分類すると、以上のように3つに分けることができます。

以上、3つのトレンドのうち、上昇トレンド・下降トレンド時がトレードを行うチャンスだと言えます。

逆に、レンジ相場でトレードをしても基本的には大きな利益は望めませんので様子見することをお勧めします。

トレンドには「押し目」と「戻り目」がある

上昇トレンド・下降トレンドには必ず停滞をしてトレンドと逆方向に進む場面があります。

上場廃止した株式の相場や今は存在しない指標などは別として、現段階で存在している株や仮想通貨、FXの通貨ペアの中に「価格がずっと上がり続ける」または「価格がずっと下がり続けている」商品は存在しません。

どのような商品であれ、必ず、一定以上上昇するといったんは下げる局面が現れます。逆に、価格が下がり続けている商品であっても、必ず、一定以上下落すると価格が上昇する局面が現れます。

このことについては、通貨という概念が現れてから歴史上一度も覆ったことはありません。

さて、どの通貨ペアのチャートでもいいですので、長期のローソク足を見てみてください。

トレンドには「押し目」と「戻り目」がある上のドル円の日足のように、上昇トレンドであっても、一定期間だけ相場が下がる「調整」の局面はあります。

さて、上昇トレンド中にいったんは反落して相場が下がるものの、たいていの場合は底値を付けて再び上昇に転じます。

このように、上昇トレンド中の下落時の底値を「押し目」と呼びます。

逆に、下降トレンド中にいったん反発して上昇後につける天井(最も高い価格)のことを「戻り目」と呼びます。

FXで「トレンド」が重要視される理由

ここまでFXのトレンドについて説明しましたが、なぜトレンドについて理解することが大切なのでしょうか。

理由は簡単です。FXは、トレンドを把握しなければ絶対に勝てないからです。

FXは通貨取引です。

買いであれ売りであれ、デイトレードであれスウィングトレードであれ、日本でトレードしていようがアメリカでトレードしていようが「安く買って高く売った」人が、お金を稼いで勝つことができるのです。

トレンドを把握することにより「これまでのある期間において、通貨ペアの価格が上昇しているのか、下落しているのか」を知ることができます。

そして、トレンドという「価格変動の過去の流れ」から「今後その通貨ペアの価格が高くなるか安くなるか」を予測することができるようになります。

確かに、テクニカル分析をすれば、ある程度のエントリーポイントなどを見つけることはできます。

しかし、未来の価格がどの方向に進むかの「上昇・下降の流れ」は、トレンドを把握しなければつかむことはできません。

また、デイトレード以上の期間建玉を持ち続けるトレードスタイルだと、トレンドに乗らなければ、大きな利益を出すのは難しいです。

逆に言えば、トレンドという大きな流れに逆らって利益をとることが難しいということでもあります。

トレンド把握に必須!トレンドラインを引いてみよう!

現在のトレンドを把握するには、チャート上にトレンドラインを引く必要があります。

トレンドラインを手動で引く方法を簡単に紹介します。ここでは、2本のラインを引いてトレンドを把握する方法を解説します。

前準備として、トレンドを確認したい期間のローソク足を開きます。

まずは、ローソク足の左端の最安値から、右端の最安値にかけてトレンドラインを引きます。

次に、ローソク足の左端の最高値から、右端の最高値にかけてトレンドラインを引きましょう。

これでトレンドラインを引き作業は以上です。

次に、実際に引いたトレンドラインを見てみましょう。

2本のトレンドラインが、右上を向いている場合は相場は「上昇トレンド」だと判断できます。

もしくは、2本のトレンドラインが左上を向いている場合は相場は「下降トレンド」だと判断できます。

また、2本のトレンドラインが別々の方向を向いている場合は、相場は「レンジ相場」だと判断できます。

トレンドラインを引くことにより、チャートパターンを見つけることができるようになります。

チャートパターンをマスターすると今後トレンドがどの方向に進むか予測することができますが、このことについては後で詳しく紹介します。

10秒でできる!現在のトレンドを見極める方法

ここまでは、トレンドを把握することが大切な理由について紹介しました。

では実際にはトレンドはどのように把握すればよいのでしょうか?

加藤エル兄
加藤エル兄

トレンド相場は10秒で見極める方法があるんだ!

トレンドを把握する方法は、様々なサイトでいろいろな方法が紹介されていますが、ここでは最も簡単で10秒以内にできるトレンドを把握する方法を紹介したいと思います。

「移動平均線」を使ってトレンドの方向を10秒で

「移動平均線」は、指定した期間の平均値をチャート上に線でつないだテクニカルチャート機能です。

つまり、移動平均線が右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンドと判断ができます。

私がおすすめするのは「75日移動平均線」と「200日移動平均線」を日足チャートに引く方法です。

 

「移動平均線」を使ってトレンドの方向を10秒で75日移動平均線では中期的なトレンドを、200日では長期的なトレンドを把握することができるようになります。

「トレンドを把握する」という目的だけなら、この2本の移動平均線を引くだけで十分です。2つの線を見て「右肩上がり」か「右肩下がり」かを判断すればいいだけです。

加藤エル兄
加藤エル兄

どうでしょうか、これなら10秒でできそうじゃないですか?

チャートパターンでトレンドを予測する方法

加藤エル兄
加藤エル兄

トレンドをチャートパターンから見極める方法もあるよ!

上昇トレンド・下降トレンドの2パターンに共通するのは、どのトレンドも「3つの局面」しかないということです。

3つの局面とは、「トレンドの発生」「トレンドの継続」「トレンドの終わり」です。

今後、3つの局面の内どの局面が訪れるのかを予測するのに有効なのが「チャートパターン」です。

ここからは、トレンドの3つの局面を予測するチャートパターンについて、それぞれ紹介したいと思います。

チャートパターンについては詳しく説明している記事が別にありますので、ここでは代表的なものを3つ紹介します。

FXはチャートパターンを覚えるだけ!初心者が覚えるべきチャートパターン11選こんにちは!加藤エル(兄)です! 「チャートパターンを覚えたい!」 「チャートパターンはどんなものがありますか?」 ...

「トレンドの発生・終わり」を示すチャートパターン

いわゆる「反転」を示すチャートパターンです。

上昇トレンドの終わり(下降トレンドの始まり)を示すチャートパターンには、代表的なものとして「ヘッド&ショルダー」「ダブルトップ」があります。

「ヘッド&ショルダー」は、チャートの形がちょうど漢字の「山」のようになっているチャートパターンです。

「トレンドの発生・終わり」を示すチャートパターン

右肩にあたる部分が頭にあたる最高値を更新しないことにより、市場心理に恐怖感が湧き、その後トレンド転換が起こりやすいという仕組みになっています。

「ダブルトップ」は、上昇相場中の上げで高値を更新しないものが2つ以上水平上に並んだ状態を指します。

この場合も、ヘッド&ショルダーと同様に「高値を更新しなかった」という事実が市場に不安感を招き、その後は下降トレンドへとトレンド転換を起こす場合が多いです。

「トレンドの発生・終わり」を示すチャートパターン
また、下降トレンドの終わり(上昇トレンドの始まり)のチャートパターンとして、ヘッド&ショルダーの逆バージョン「インバースヘッド&ショルダー」と、ダブルトップの逆バージョンとなる「ダブルボトム」があります。

「トレンドの継続」を示すチャートパターン

トレンド今後継続する際に現れるチャートパターンとして、代表的なものは「三角持ち合い」です。

三角持ち合いは、文字通り「三角形を描きつつチャートが進行する」というパターンです。

上昇トレンドの場合、「安値を切り上げながら、高値を更新せずにチャートを描く」というパターンが現れると、その後上昇トレンドが継続する可能性が高くなります。

下降トレンドの場合はその逆で、「高値を切り下げながら、安値を更新せずにチャートを描く」というパターンのケースだと、その後下降トレンドが継続する可能性が高くなります。

「トレンドの継続」を示すチャートパターン

トレンド方向にポジションを保有している際に今回紹介した三角持ち合いが現れたら、建玉を決済せずに様子見することをおすすめします。

月30万円なんて余裕!?トレンド相場で使えるトレード手法

トレンドを把握する方法について簡単に説明しましたが、トレンドを把握するだけではFXで勝つことはできません。

しかし、トレンドを把握することによって「買い」か「売り」かの戦略を決めることができます。

さて、トレンドはそのトレンドに逆行し、再びトレンド方向へ値が動く局面があるという話を皆様は覚えていますでしょうか?

上昇トレンドには「押し目」が、下降トレンドには「戻り目」を付ける局面が必ずあるんでしたよね。

この「押し目」または「戻り目」を見つけることで、安く(高く)買って(売って)、トレンドに乗って大きな利益を得られそうですよね?

そこで、今回はトレンドで「押し目」や「戻り目」を見つける方法として「フィボナッチリトレースメント」を利用する方法を紹介します。

フィボナッチリトレースメントとは?

フィボナッチリトレースメントは、フィボナッチ級数を利用したテクニカル分析ツールです。

「リトレースメント」は「引き返す」という意味です。

そして、ある引き方をすることにより、FXや株式などの相場トレンドは、不思議なことにこの「フィボナッチリトレースメント」の法則に従って押し目や戻り目を付けます。

フィボナッチリトレースメントを使った押し目・戻り目トレード方法

今回はデイトレードでフィボナッチリトレースメントを引く具体例を説明します。

デイトレードの場合は、1時間足にフィボナッチリトレースメントを引くことをお勧めします。

フィボナッチリトレースメントを使った押し目・戻り目トレード方法

上の画像は、2019年の2月4日~2月14日までのドル円の日足チャートです。見てわかる通り、上昇トレンドから下降トレンドへと転換しているように見えますよね。

このように、短期的な足(1時間足など)であっても、トレンド転換が発生した場合でもフィボナッチリトレースメントは有効に働きます

 

フィボナッチリトレースメントを使った押し目・戻り目トレード方法フィボナッチリトレースメントの引き方は簡単です。過去のトレンドの始まりを起点に、トレンドの終わりに向かって引くだけです。

今回の場合は、1時間足チャートのトレンドの始まりである2018年2月6日10時を起点、2018年2月14日を終点としてフィボナッチリトレースメントを引きました。

最高値を「0.00」として、その後「23.6」「38.2」「50.0」「61.8」と続きますが、これらがフィボナッチ級数で、それぞれが戻り目になりやすいポイントとなっています。

では、2月14日以降のチャートを見てみましょう。

 

フィボナッチリトレースメントを使った押し目・戻り目トレード方法どうでしょうか、下降トレンドに突入して下落しているものの、フィボナッチリトレースメントの「38.2」まで為替が戻ってもみ合っているのが分かるでしょうか?

ここがいわゆる「下降トレンドの戻り目」です。

エントリーポイントとしては、もみ合っているこのポイント付近になります。デイトレードなら5分足などさらに短い期間を見てエントリーをすればいいでしょう。

まとめ

以上、FXにおけるトレンドの重要性と、今のトレンドを把握する方法と、トレンドの戻り目・押し目を狙ってトレードするのに使える「フィボナッチリトレースメント」についての紹介でした。

今回の記事で最も大切なポイントは「トレンドはFXで勝つのに重要なポイント」と「移動平均線を使えば10秒でトレンドが分かる」ということです。

トレンドを把握してトレンドに乗ることができなければ、FXで勝つことはできません。

テクニカル分析やファンダメンタル分析などの勉強の前に、まずは今回紹介したトレンドを把握する方法からしっかりと覚えておきましょう!

チャートの1歩先を予測可能?未来予知インジケーターを無料でプレゼント中!

  • いつもエントリーしたら逆方向に
  • 微益、微益、微益、大損…
  • いつになったら上達するの?

FX初心者にとって”チャートを読むこと”は至難の業。

しかし、そんなあなたへ私からのささやかなプレゼントがあります!

ビッグデータの集積をトレードへ転用!

サイト訪問者限定で「未来予知インジケーター」を無料でプレゼントさせていただきます!

受け取り条件だって???

加藤エル兄
加藤エル兄

私のイトに来てくれている時点で条件満たしてます。

今すぐ負けトレーダーを脱出したい方は、必ず受け取ってください。

あなたのトレードに新しい風を吹かせるでしょう!

  • なぜ無料なの?
  • 未来予知ってどういうこと?

⇩⇩⇩詳細とプレゼントの受け取りはこちらのページをご覧ください!⇩⇩⇩

未来予知インジケーターの詳細はコチラ