投資知識

FX時間足の選び方|トレードスタイルに合わせた最適な時間足とは?

FX時間足の選び方|トレードスタイルに合わせた最適な時間足とは?

時間足は主に1・5・15・30・60分足、4時間足、1日足、1週間足などがありますが、みなさんはFXをやる上でおもにどの時間足を見てやっていますか?

初心者の方だとこれだけ時間足があるのですから、なにを根拠にトレードしたらわからないのではないでしょうか。

FXでトレードをしていくうえで、時間足の選び方はとても重要です。しかし、時間足をどうやって選べばいいのかわからない。

今回の記事では、どういった時間足の選び方がわからない人向けに、トレードスタイルに合わせた時間足の選び方や時間足の特徴をわかりやすく解説していきます。

この記事を読んでぜひ自分のトレードスタイルに合わせた時間足の選び方を身につけていってください。

時間足を見る上での大前提!FX初心者はまずこれを理解することから!

さっそく時間足の選び方で最も重要な事柄からです。

大前提で長い時間足は、常に短い時間足を支配しているので、短い時間足は長い時間足の流れに逆らうことはできないのです。

トレードスタイルによって見るべき時間足は異なりますが、この大前提は必ず頭に入れて置かなければなりません。

この前提を踏まえた上で、時間足を見る順番は長い時間足から短い時間の順に見ていくことが重要だということがわかると思います。

5分足などの短期足で上昇トレンドを形成していても、4時間足や日足などの長期足が下降トレンドを形成しているのであれば、5分足の上昇トレンドというのは簡単に崩されてしまい、長期足の方向にもどされてしまうのです。

ですので、長期足の相場環境を把握することは必ずやらなければいけないことなのです。

それではなぜ短い時間足は長い時間足に逆らうことができないのでしょうか。

長期足が上昇トレンドを形成しており、短期足が下降トレンドを形成している場合は長期足の上昇トレンドの一旦の戻りだと考えられるからです。

その後押し目をつけて上昇していくと考えられるため、短期足の下降トレンドは長く続かず長期足の上昇トレンドに飲み込まれてしまうのです。

ですのでFXでより値幅を取るためには長期足の動きに逆らわずポジションをとることがおすすめだと言えます。

FXトレードスタイルに合わせた時間足の選び方

みなさんはどういったトレードスタイルでFXトレードをされていますか?

スキャルピングのように短期間でのトレードをしている人もいるでしょうし、デイトレードのように中期的な時間でトレードをしている人も多いのではないでしょうか。

または、スイングトレードのような長期的なトレードをしているかもしれません。

スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、トレードすタイツによって見る時間足は違うのです。

それでは各トレードスタイルごとに解説していきます。

スタイル別時間足の選び方①スキャルピング

まずスキャルピングトレードでの時間足の選び方からご説明いたします。

スキャルピングトレードとは短期トレード手法のことですので、もちろん1分足や5分足などを使うと思いますが、ここで時間足を見る上での大前提を思い出してください。

そう、長い時間足から短い時間足を見ていくんでしたよね。

ですのでスキャルピングでもまず1時間足や15分足を見て大きな流れを見た後に、5分足で小さな流れを見て1分足でトレードしていきましょう。

スタイル別時間足の選び方②デイトレード

デイトレードとは1日で取引を完了させる比較的短期的な取引のことです。

デイトレードをしている人の多くは1時間足と4時間足を重要な時間足として見ているようです。

また、ポジションを持つ際に15分足を見る方も多いです。

このことから、デイトレードをする際は4時間足、1時間足の順に大きな流れを確認し狙い目を定めます。

その後15分足で小さい流れの押し目などを確認して順張りでかけていくような流れです。

スキャルピングよりは取引時間は長めですが、大前提をしっかり抑えて時間足を見ていってください。

スタイル別時間足の選び方③スイングトレード

スイングトレードとは注文してから数日から数週間、もしくは数ヶ月で決済するトレード方法のことです。

ですので、上記のスキャルピング、デイトレードと比べかなり長期的なトレード方法になります。

つまり見る時間足も長期的な時間足になります。

スイングトレードで見るべき時間足は週足、1日足、4時間足です。

もちろんここでも長期的な時間足から短期的な時間足の順で見ていくという大前提はわすれてはいけませんので、週足から大きな流れを確認していきましょう。

いかがだったでしょうか。

自分のトレードスタイルに合わせた時間足の選び方はわかりましたか?

今までは時間師の見方について全然意識していなかった方もこの記事を読んで、より時間足の選び方の大切さがわかったのではないでしょうか。

何度もいいますが、FXをやる上で自分のトレードスタイルに合わせた時間足選びはとても重要です。

そして、時間足を見る順番は長い時間足から短い時間の順に見ていくことを忘れないでください。

まとめ

大前提として長い時間足は、常に短い時間足を支配しているので、短い時間足は長い時間足の流れに逆らうことはできません。

ですので、時間足を見る際は長い時間足から短い時間足の順で見ていってください。

トレードスタイルに合わせた時間足選びがとても重要です。

スキャルピングではまず1時間足や15分足を見て大きな流れを見た後に、5分足で小さな流れを見て1分足でトレードしていきましょう。

デイトレードでは4時間足、1時間足の順に大きな流れを確認し狙い目を定めます。

その後15分足で小さい流れの押し目などを確認して順張りでかけていくような流れです。

スイングトレードで見るべき時間足は週足、1日足、4時間足です。

時間足を正確に選ぶために今すぐできること

ここまでで時間足の選び方から、トレードスタイルにあわせた最適な時間足をご紹介してきました。

しかし、インプットしただけではいつまでたっても知識以上のものにはなりません。

ですので、しっかり自分で視覚な時間足を選べるようになるために今すぐからできることをご紹介していきます。

長い時間足は、常に短い時間足を支配しているので、短い時間足は長い時間足の流れに逆らうことはできないということを実際にチャートを見て、どのことを言っているのかを見つけてみてください。

例えば日足がレンジ相場で、サポートラインに戻されて、レジスタンスラインに向かう途中だとします。

1時間足では日足がレンジ相場だったのに対し、上昇トレンドを形成しているはずです。

サポートラインからレジスタンスラインに向かう途中の上昇が4時間足では明確な上昇トレンドになっているということです。

次に5分足を見てみると上昇トレンドではなく、レンジや下降トレンドかもしれません。

しかし、これは1時間足の上昇トレンドの一時的な戻しの可能性が高いと考えられます。その後の流れとしては押し目をつけて上昇していく可能性が高いです。

このような相場の特徴を実際に自分でチャートを眺めて見つけて見てください。

きっとFXに対する理解がより深くなっていくに違いありません。

最初は見つけるのが難しいかもしれませんが、移動平均線などトレンド系のインジケーターを出すなどして相場の流れを確認するのもとてもいい策です。

徐々に相場に慣れていき時間足をマスターしてください。

以上今回は『FX時間足の選び方 トレードスタイルに合わせた最適な時間足とは?』という内容でご紹介いたしました。