投資知識

勝率アップ間違いなし!FXで勝ち続けるために必要な視点

勝率アップ間違いなし!FXで勝ち続けるために必要な視点

FXでなかなか勝率が上がらず、伸び悩んでいる方がいらっしゃると思います。

FXで勝ち続けるためには、必勝法や攻略法などのノウハウも必要ですが、それ以上に必要なものが、FXに対する見方です。

今回は、FXの勝率をアップさせるために必要な視点についてご説明します!

勝率アップ間違いなし!FXで勝ち続けるために必要な視点

FXの勝率をアップさせるために必要な視点は以下の通りです。

  • ルールやトレードロジックを自分なりに検証して確認する
  • 決めたルールやトレードロジックの通りにトレードをする
  • 経済指標や大きな流れを確認する
  • 成績や勝率を安定させ、同時にメンタルも安定させる

上記の内容について解説いたしますので、ぜひ最後まで読んで、FXの相場で生き残っていきましょう!

FXで負けている人の原因とは?

FXで勝てない人には、必ず原因があります。

ただ、多くの方は、勝てない原因を調べずに、手法やノウハウのせいにして、新しい手法やノウハウを探しがちです。

ですがそうすると、負けている原因が分からないままですので、いくら新しい手法を試してみても、勝てないまま終わってしまいます。

ですので、負けている理由を納得がいくまで調べ、負けている理由を勝てる理由に変えてFXで勝てるようになりましょう。

負け続けている人の共通点をいくつかあげていきますので、自分はどれに当てはまっているか確認してみましょう!

FXの知識不足

FXで勝ち続けるためには、FXの知識が必ず必要です。

ですが、十分に勉強をせずにFX取引を始めてしまい、相場が逆方向に動いてしまう、とうことは結構あります。

例えば、高値・安値、レジスタンスライン・サポートライン、トレンドライン、ダブルトップ・ダブルボトム、エリオット波動、フィボナッチ、ダウ理論、テクニカル分析・ファンダメンタル分析、酒田五法、プライスアクションなど、FXに必要な最低限の知識は説明できるようにしておきましょう。

ひとつの時間足でトレードをしている

複数の時間軸やマルチタイムフレームなど、ひとつの時間足だけでは分からない相場を見る事が、FXで利益をあげていくのに最善です。

ですが、ほとんどの勝てないトレーダーの方々は、エントリーする時間足しか確認せず、相場全体の動きを見ようとしません。

基本的にFXでは、長期足で相場全体の動きを確認したあと、短期足でエントリーポイントを絞るというように取引をします。

ひとつの時間足しか確認していない場合、複数の時間足を確認するだけで、相場の動きが読めるようになります。

トレードスタイルを頻繁に変えたりする

トレードスタイルや手法は人により違いますが、トレードスタイルをコロコロと変えていく人は、相場で勝っていく事は難しいでしょう。

ひとつのトレードスタイルを使い続ける事で、敗因を見直していけたり良い点に気づけたりして、自分のトレードの精度をあげる事ができます。

「このノウハウがダメだったら次のノウハウ」というように、次から次へと取引スタイルを変えている人は、ひとつの取引スタイルを3ヶ月以上使い続けて見てください。

トレード記録を全くつけていない

自分のトレードを振り返り、トレードを分析しないと精度は上がらず、いつまでもずっと勝てない状態が続きます。

トレード記録表には、獲得pips数や、利確損切りポイント、なぜこのポイントでエントリーをしたのかのエントリー根拠やトレードの反省などの項目は、最低限つけるようにしましょう。

トレード記録表をつけることは、次の取引の準備です。

勝てるトレーダーになるためには、誰しもが通る道ですので、ぜひこの記事を読んだ今日から、トレード記録表を作成してみてはいかがでしょうか?

検証をしていない

最初から完璧に出来るトレーダーはいません。

トレードを見直し、改めたりする事で、精度が高く勝てるトレードに近づけます。

先ほどのトレード記録表作成と内容が重複しますが、何度も実践し、反省して自分の取引手法が確立してくるのです。

そのためには、どのポイントが勝ちやすいか、どのポイントが負けやすいのかをしっかりと検証することが、勝てるトレーダーへの第一歩です。

インジケーターを組み合わせれば勝てると思っている

インジケーターをたくさん表示させれば、勝てる取引手法が完成すると思っている初心者トレーダーは非常に多いです。

ですが、どれだけインジケーターを表示させても、インジケーターのみに頼ったトレードでは勝ち続けることができません。

「相場がどのように動いているのか」といった、根本的な部分を深く追求していかなければ、ずっと負け続けるといった現象におちいってしまいます。

また、インジケーターを組み合わせすぎても、チャート画面が複雑になってしまい、十分な分析はできなくなります。

ですので、なるべくチャートはシンプルかつ、みんなが使っているような有名なインジケーターを使用することをオススメします。

勝率アップに必要なのは自分のトレードルールを持つ事

FXで勝つためには、自分のトレードルールを持つことが大切です。

取引スタイルによって、トレードルールは異なりますが、共通する点は「どのポイントでエントリーするか」と「どのポイントで決済をするか」です。

これは、負けてる人の共通する敗因にもなります。

相場にルールはないので、自分なりの一定のルールを必ず作らなければなりません。

資金がなくなるまでエントリーのままでは、その間はずっとどこまでも利益を伸ばしていけますし、逆に損失もどんどん大きくなっていきます。

トレードの回数や負けた時どうするかや、損切りに対してなど、ルールを設けてない場合、FX市場からいずれ退場する可能性はとても高くなります。

デイトレードやスキャルピング、スイングトレードを行う場合にしろ、最低限、損切りは必ずつけておく事が重要です。

決めた損失の範囲から損を伸ばさない事が、FXでリタイアしないための最善策になります。

経済指標は必ず確認しよう

意外とFXの初心者が見落としがちなのが、経済指標です。

FXを取引する上で、ファンダメンタル分析は相場が動く要因になります。

ファンダメンタル分析をするために、経済指標を確認する必要があるということです。

経済指標を詳しく説明しますと、各国の政府や、日本で財務省や経済産業省や内閣府にあたる経済関係の中央省庁、日本では日本銀行にあたる中央銀行が発表

している「経済に関連する統計」になります。

注目すべき重要な経済指標

米国雇用統計米国雇用統計

「米国雇用統計(非農業部門雇用者数・失業率)」は、「経済指標が注目されやすくなる3つの条件」の、

①毎月の発表頻度が高い
②統計調査の対象が幅広い
③比較的発表時期が早い

という条件を満たしているため、FXで取引を行ううえでは、欠かせない経済指標のひとつです。

毎月、第一金曜日に発表されます。

GDP(国内総生産)GDP(国内総生産)

「GDP(国内総生産)」は、一定期間内に国内で産み出される付加価値の総額の事で、ほとんどの国や地域での発表で、その国の経済の規模を示す最も重宝されている指標の一つです。

四半期ごとに発表され、同じ国や時期の数値が複数にわたり発表される特徴もあります。

アメリカ・小売売上高(前月比)
アメリカ・小売売上高(前月比)

「小売売上高」は、百貨店やスーパーマーケット、コンビニなど小売業者の売上額をまとめたもので、毎月中旬に発表されています。

消費動向を見極める上で最も重宝されています。

アメリカ・鉱工業生産指数(前月比)
アメリカ・鉱工業生産指数(前月比)

「鉱工業生産」は、コンピューターや電化製品、自動車など工業品の生産高などを表す指標です。

経済の状況が推測できますし、消費動向も分析出来ます。

ドイツ・ZEW景況感指数
ドイツ・ZEW景況感指数

「ZEW景況感指数」は、ドイツで毎月下旬に発表され、数値がプラスの時は好景気、

数値がマイナスの時は景気が後退してると見られています。

ドイツ・Ifo景況感指数
ドイツ・Ifo景況感指数

「IFO景況感指数」は、ドイツで毎月発表され、1991年を100とする指数です。

数値が100未満の場合、1991年よりも不景気と見られていて、逆に100以上の場合は1991年より好景気と考えられています。

米国消費者信頼感指数
米国消費者信頼感指数

「米国消費者信頼感指数」は、カンファレンスボード(米国民間調査機関)が毎月発表する指数です。

1985年を100とする指数で、数値が100未満の場合、1985年よりも不景気と見られ、100以上の場合は1985年より好景気と考えられています。

ミシガン大消費者信頼感指数についての記事
ミシガン大消費者信頼感指数についての記事

「ミシガン大消費者信頼感指数」は、米国のミシガン大学が毎月発表する指数です。

考え方は上記二つと同じで、1966年が基準値になります。

はじめは大きな流れを読み取る事が重要

FXで勝率を高めるためには、相場全体の大きな流れを確認しましょう!

大きな流れをつかむという事は目線を決定し、波の考え方をつかんでおくということです。

相場の上下運動の繰り返しの流れは波のように見えます。

短期足の波と長期足の波とでは、大きさや値幅が変わってきます。

また、大きな波の中には、小さな波が存在し、短期足と長期足のトレンドが逆方向であれば、流れがどこで転換するのか見極めが必要となってきます。

大きな流れの中でどのような状況にいるのかをつかむ事が重要です。

大きな波の中に小さな波があるということは、ダウ理論についての記事で詳しく解説していますので、ぜひそちらもあわせてご覧ください!

→【ダウ理論】狙いがつながる波形の捉え方/高い再現性のトレード手法!

まとめ

勝ち続けている理由や負け続けている原因を、細かくあげていけば他にもさまざまな原因がり、キリがありません。

ですが、僕が出会って相談を受けた方々には共通して、今回上げた事柄が原因となってる事が多く見られました。

自分なりに負けている原因を確認し、そのままトレードするのではなく、FXで自分が出来ていない足りていない部分を改善や克服していく事が、FXで勝てるトレーダーへの最善の方法になります!

また、どうしても自分で考えてわからないことなどは、プロトレーダーなどの相場に詳しい方に聞くことも、ひとつの手です。

もし、自分に当てはまっている項目があれば、今日からでも意識して改善していくことで、1か月後には勝率アップ間違いなしです!

ではまた、次回の記事でお会いしましょう!

サイトでは教えられないFX必勝ノウハウを無料でプレゼント!

サイトでは教えられない!FXの必勝ノウハウ無料プレゼント

「取引を始めると相場が逆方向に動いてしまう

「損切りが出来なくてマイナスになってしまう

「つい、熱くなって資金を溶かしてしまう

FXトレードでうまくいかない原因って、なかなか自分では分からないですよね。

そんなあなたに朗報です!

突然ですが、6ヶ月で月収100万円を超えたプロトレーダー加藤エル(兄)のFX必勝ノウハウをサイト訪問者限定で無料で公開いたします!

今回アナタにお渡しするノウハウはこちらです!

  1. FXで1日3万稼ぐ:準備編:全4項目
  2. FXで1日3万稼ぐ:マインド編:全5項目
  3. FXで1日3万稼ぐ:基本編1(テクニカル分析):全8項目
  4. FXで1日3万稼ぐ:基本編2(ファンダメンタル分析):全5項目
  5. FXで1日10万稼ぐ:応用編:全5項目

さらに、今回サイト訪問者限定20名様に、加藤エル(兄)がトレードで使用しているプライスアクションが一目でわかるサインツールの他、高性能インジケーター6点以外を豪華特典を無料でプレゼント!

詳しい特典の内容は下記の通りです!

  • 1日30分のスキマ時間トレードを可能にする高性能インジケーター6点
  • 加藤エル(兄)が開発した公開前の自動売買システム
  • 初期費用不要!軍資金のための資金調達ノウハウ約30万円分
  • 利確損切ラインが丸わかり!?15万相当のライントレード教材

なぜ無料でプレゼントしてくれるの?

その理由と受け取り方法は下記の無料受け取りページから!

必勝ノウハウの詳細はこちら