未分類

FXは学生のうちから始めるべき理由5選【成功するためには見るべし】

FXは学生のうちから始めるべき理由5選【成功するためには見るべし】

「アルバイトでこき使われるのはもう嫌だ」「家にいるだけでFXで稼げるようになりたい」と考え、FXに興味を持ち始めている大学生の方も多くなっているようです。

一方で「まだ大学生だからFXの勉強なんてしなくてもいいのでは?」「社会人になってからでも遅くないのでは」と思い、FXの勉強を始められず悩んでいる大学生の方も少なくないと思います。

しかし、実はFXを学生のうちに始めたほうが、社会人になってから始めるよりもかなり有利に働くのです。

今回は「FXが学生のうちに始めるべき5つの理由」について紹介したいと思います。

FXは学生のうちから始めるべき理由5選と気を付けるべきポイント

成人している大学生でFXに興味があるのであれば、今すぐにでもFXの勉強をしてFX会社に口座開設したほうが良いです。

その理由について、5つ紹介します。また、大学生だからこそ、FXをする際に気を付けるべきことについても2つ紹介します。

脳が最も若いのは今この瞬間だから

このサイトを見ているのはなにも大学生の方だけではないと思います。

なので最初の理由はこの記事を読んでいる皆さんに言えることを紹介します。

大学生のうちにFXを始めるべき最も大きな理由は「今この瞬間があなたが最も若い時期」だからです。

お金は後からいくらでも稼ぐことはできますが、あなたの人生の時間を稼ぐことはどんなに頑張ってもできません。

同様に、脳の老化も止めることはできませんし取り戻すことはできません。なので、最も効率的に勉強ができるタイミングは今なのです。

かの林修先生もこのように仰っています。「いつ始めるか?今でしょ。」

大学生であれ社会人であれ、「勉強するべきだ」「価値がある」と思ったことには、今この瞬間に惜しみなく時間を費やすことを決めましょう。

社会人になるとFXの勉強をする時間が半分以下になる

社会人になって朝から夕方まで働く生活スタイルに変わってしまうと、学生時代と比べて勉強する時間が激減してしまいます。

ここで、大学生と社会人とのFXの勉強時間を比較してみましょう。

大学生の場合、平日の5日間フルで授業を受けることはほとんどないです。放課後に授業の復習をすることを考えても、多くの場合は平均1日1~2時間程度の余裕はあるはずです。

また、土日祝日は基本的に休みですし、バイトがあるとしても半日は自由に使えるケースが多いと思います。

対して社会人だと、平日の朝~夕方は絶対に会社に拘束されているので、FXの勉強なんてできるはずがありません。

また、証券外務員や一部の公務員など、就職先によってはFXをすることすらできなくなってしまうことも考えられます。

さらに、大学生には「春休み」と「夏休み」という、2~3か月続く長期休暇があります。この時期に、FXや投資についての勉強をしないのは非常にもったいないです。

長期休暇期間は多少の生活リズムのずれも許されるはずですので、FX取引が最も活発な米国時間にトレードをすることだってできます。

これも普通の社会人には絶対にできないことですよね。

大学生でも会社社長でもFXは平等にチャンスがある

社会に出ると、あなたの学歴や保有している資格、大学時代や社会人の時代に築いたコネによる「格差」というものが出てきます。

学生の時代はピンと来ないかもしれませんが、社会人になると嫌でもこの「格差」を感じてしまうようになります。

FXの世界においては、そのような社会的地位は全く関係ありません。何がどう転んでも、「安く買って高く買った人が勝つ」という絶対的なルールがあります。

完全な実力主義であるという点は、社会的地位が低い学生にとっては有利に働くと考えられるでしょう。

取引コストが安い・取引ルールがシンプル

FXは、株や信用取引などと比べて取引に必要なコストや投資資金が少ないです。

株であれば、1つの銘柄を単元株買うのに10万円~100万円ほど必要です。

信用取引も、レバレッジは約3倍程度しかかけることができないので、必要資金が多くなることに変わりないです。

対してFXなら、レバレッジ25倍までかけることもできますし、リスクを低く抑えても少額資金(5000円~10000円)から取引を始めることだってできます。

また、取引の手数料も、株と比べるとFXのほうが安いです。

最後に、取引の仕組みやルールも、FXのほうがシンプルですし制約がありません。

株のリアルタイム取引は、市場が開設されている平日9時~15時(途中昼休みが1時間)だけ可能となっています。

また、株の信用取引は、ほとんどの場合「返済期日6か月」と決まっています。

FXの場合は、平日ならほぼ24時間取引可能、ロスカットされない限り建玉を保有し続けることが可能です。

さらに、株の場合は「どの会社の株を買うか」という、数千社にわたる会社の中からの銘柄選びから考えなければいけませんが、FXの場合は通貨ペアが多くて50種類程度で、ほとんどの場合はドル円やユーロ円などの主要な通貨ペアだけをトレードするので、面倒な投資対象選びをする時間も取られずに済みます。

世界情勢について知られる・就職に有利になる!

FXの勉強をするにあたって欠かせない内容に「ファンダメンタル分析の勉強」があります。

ファンダメンタル分析の勉強をすることにより以下のことが学べます。

  • 日経平均やニューヨークダウなど、世界的にみられている株式指標
  • 日本、米国、EUなどの主要国の経済指標と、その数値が世界経済に与える影響
  • 過去の経済の歴史と、現在起こっている経済にかかわる問題
  • 注目されている世界的な動き(米中貿易摩擦、EUの離脱)の原因と現状

これらを知ることだけでも就職に有利になることは言うまでもありません。

しかし、これらに関連する経済ワードやGDPなどの重要指標の数値を知ることで、日経新聞やニュースを見る目も変わってきます。

そのため、証券会社や銀行などの就職に有利に働きます。また、公務員試験の範囲も補うことができます。

FXの勉強をする前と後とでは、就活対策の知識の定着レベルも変わることは間違いありません。

少なくとも、ボーリングやカラオケ、パチンコなど、大学生あるあるな趣味で時間をつぶすよりも、FXの勉強やFXの取引をしたほうが有意義な学生生活を送れることは間違いありません。

大学生がFXで失敗しないために気を付けるべきこと

大学生のあなたは、すぐにFXを始めるべきだということは理解できたと思いますが、2つだけ注意してほしいことがあります。

まず、絶対に学費や生活費などの手を付けてはいけないお金でトレードはしないでください。

必要なお金が無くなって、最悪借金をしてしまったり大学を退学になってしまうリスクが出てきてしまいます。

あなたを大学へ進学させてくれている両親に申し訳ありませんし、あなた自身の将来を棒に振ってしまうことになります。

また、FXの勉強やトレードは学業や就活に悪影響を及ば差ない程度に頑張りましょう。

大学生の本業は「勉強すること」です。授業中にトレードしたり、FXの勉強をしたりすることは良いことだとは言えません。

まとめ

以上、FXを大学生のうちに始めるべき5つの理由と、大学生だからこそFXをする際に気を付けるべき2つの注意点について紹介しました。

大学生は、社会人と比べるとお金はないです。その代わり、社会人と比べて大学生は脳が若いですし、時間もありますので、効率的にFXの勉強やトレードをすることもできます。

ぜひ、この記事を読んだ大学生の方は、今日からでもいいのでFXの勉強を本格的に始めましょう。

ただし、学費や生活費には手を出さず、余裕資金だけでトレードをするようにすることを念頭においてください。

また、社会人の方でも、今からでも全く遅くありません。

あなたが最も若いのは今この瞬間です。FXに限らず「やったほうが良い」と思うものがあるのなら、今すぐ始めましょう。