投資知識

相場の神様の助言!FXで重要な酒田五法について徹底解説!

相場の神様の助言!FXで重要な酒田五法について徹底解説!

“酒田五法”

FXトレードを始めて長い人であればよく知っているのではないでしょうか。

FX初心者のかたでももしかしたら一度は聞いたことがありますていう方も多いのではないでしょうか?

しかし、”知っている”もしくは”聞いたことがある”方でも、実際のトレードで活用している人や理解を深めた方はそう多くはないのではないでしょうか?

今回の記事ではそういった方向けに酒田五法について徹底解析していきます。

酒田五法とは一体何なのか、どのように使えばいいのか、優位性はあるのか、などみなさんが必要な情報をお届けいたします。

読み終わった頃には酒田五法をマスターしているに違いありません。ぜひ読み進めていって下さい。

“酒田五法”とは一体なんなのか!初めて聞く方にもわかりやすく解説!

“酒田五法”とは江戸時代の米相場で活躍した相場師、本間宗久(ほんまそうきゅう)によって見出された5つのローソク足パターンのことです。

ちなみにこの本間宗久が題名にあるいわゆる相場の神様なのです。

酒田五法は江戸時代から脈々と受け継がれてきたチャート分析手法で今なお機能していることからその普遍性が伺えます。

なぜ米相場の話がFXででるのだろうと疑問に思った方もいるかもしれませんが、基本的な相場の見方は米も株も為替も同じなのです。

酒田五法を意識しながら日々のトレードを行っているFXトレーダーも多いです。

酒田五法を理解する上で、ローソク足の見方が理解できていることが前提となりますが、身につけておいて損のない投資手法の一つです。

使いかた自体は難しくなく、すぐにトレードに活かすことができるでしょう。

“酒田五法” 5つのローソク足パターンの見方!

酒田五法はその名の通り主に下記の5つの形から構成されています。

  • 三山(さんざん)
  • 三川(さんせん)
  • 三空(さんくう)
  • 三兵(さんぺい)
  • 三法(さんぽう)

それでは一つずつ解説していきます。

三山(さんざん)

相場が天井圏や底値圏で反転するときによく出るローソク足の形状で、細かく分けると天井圏で出現する「三尊天井」、大底圏で出現する「逆三尊」が有名です。

どういった形かというと、その名の通り山を3つ作る形です。

山を3つ作り高値に差がないものを三山(大底圏は逆三山)、3つの山のうち真ん中の山が一番上昇しているものが三尊天井となります。

海外でも『ヘッド&ショルダー」の名で知られる相場の天井(大底)に出現する上昇(下降)の3波のことです。

相場大反転の前兆として注目される指標なので注意して見て下さい。

三川(さんせん)

三川とはローソク足の川の並びに注目した分析方法です。酒田五法の中でも中核をなす部分であると言われています。

三川宵の明星

1本の陽線の後に2本の陰線が窓を開けて発生した場合は相場が下降に向かうことを示唆している。

三川明けの明星

三川宵の明星と逆の動きをして上昇にむかうことを示唆している。

三川上放れ二羽鳥

大陽線が1本、その後に陰線が2本寄り付いた場合のことをいいます。売り圧力を強める要因となります。

その他にも「両はらみ線」「両つつみ線」「二本たくり星」など多彩な組み合わせが三川の構成要素になっています。

三兵(さんぺい)・三空(さんくう)

上昇トレンドの初動段階での陽線3本連続は「赤三兵」で、今後もジリジリと上昇していくと判断できる。

しかし、上昇相場が加熱したあとの場合は「三空踏み上げ」と判断し売りに向かうのが正解になります。

また、上記赤三兵の逆は「三羽烏」といい売り継続のシグナルで、三空踏み上げの逆は「三空叩き込み」といい下落相場での買いシグナルとなります。

三法(さんぽう)

酒田五法最後の一つは「三法」です。

これは短い陽線と陰線が連続して現れて、相場が停滞していることを表しています。

『休みも相場』という投資格言があるように相場には買い、売り、休みという3つの局面がありますので、この停滞期間も注視しておかなければ行けない指標になっています。

上げ三法

上昇相場で大陽線が出た後、3本の短い陰線(陽線)を挟んでまた大陽線が発生した場合のことを言います。

見るときのポイントとしては3本の中間線が先の大陽線を下回れず、後の大陽線できり返しが起きていることです。

上げ三法発生時は、相場の上昇力が強いと評価され、相場の継続的な上昇が示唆されます。

下げ三法

上げ三法とは逆で、大陰線が出たときに中間線を挟んで大陰線が発生した場合を下げ三法といいます。下げ三法は継続的な下降を示唆します。

上放れ三法・下放れ三法

上放れ三法、下放れ三法は相場に方向感が出始めたとことで、それを打ち消すような力が働いてしまったというパターンです。

この上放れ三法、下放れ三法の形が出るときには、相場がどっちつかずでわからない場合が多いので、トレードの休みを示唆するパターンとして見られます。

いかがだったでしょうか。

酒田五法の三山(さんざん)・三川(さんせん)・三空(さんくう)・三兵(さんぺい)・三法(さんぽう)の5つのローソク足パターンは理解できましたでしょうか。

酒田五法は非常にたくさんの組み合わせがあり、1回記事を読んだだけじゃ覚えられないよと思うかもしれません。

もちろん、すべての組み合わせを正確に覚える必要はありません。

しかし、酒田五法の形を頭に入れておくことで、今後の相場の展開を予想するための強力な判断材料になることは間違いありません。

特に酒田五法の中で重要視してほしいのは三山です。海外でヘッド&ショルダーと呼ばれているほど意識される指標になるので相場の転換を察知するのにとても有効です。

酒田五法のキーワードとなる数字は『3』です。

三山などがその典型ですが、相場の値動きにはちょうど『N』の字を書くような3つの波動や流れがあって、その組み合わせで相場の勢いが変化したり加速したりするというのが、酒田五法の考え方です。

まとめ

酒田五法は江戸時代から脈々と受け継がれてきたチャート分析手法で、シンプルなのに多くの情報が詰め込まれているため世界中で愛されています。

ローソク足は1本でも相場の方向性や勢いがわかるすぐれものですが、酒田五法を使えばより強い根拠で相場の分析を行うことができます。

酒田五法はその名の通り5つのローソク足のパターンで構成されておりそれぞれ三山(さんざん)・三川(さんせん)・三空(さんくう)・三兵(さんぺい)・三法(さんぽう)です。
この5つのパターンを組み合わせて相場の状況を把握していきます。

1つ1つのパターンに着目するのも大事ですが、複合的に用いるのが理想形だと考えます。

酒田五法に限らずローソク足チャートパターンを意識するときは、そのパターンを形成するローソク足の本数も重要視してみるのもいいかもしれません。

今すぐやるべきこと

ここまでで酒田五法のことが頭にはいったとおもいます。難しいと感じる人もいれば、酒田五法の優位性に胸を踊らせている方もいるかも知れません。

実際にチャート分析に酒田五法を取り入れていく上でまずこれをやるべきだということがあります。

まず、三山を見つけて下さい。大きな3つの山です。海外でもヘッド&ショルダーという名前で広く知られているパターンですので見つけてみましょう。

そしてその後の動きをしっかり見て下さい。実際にどのような動きをしているのか、トレンド転換サインはどこなのか、これらをしっかり把握できるようになりましょう。