MetaTrader4

FX人気No.1のチャートツール「MT4」導入方法や使い方を徹底解説!

チャート分析に限界があるなぁ…

お!FX頑張ってるね!

ねえねえお兄ちゃん

チャート分析がめっちゃできるツールを知ってる?

それなら「MetaTrader4」っていうチャートツールがあるよ!

「MetaTrader4」?

どれどれ…わぁ!なんか難しそう!

確かに最初は難しいけど、使いこなせればものすごい使えるよ!

じゃあそのMetaTrader4について教えてよ!

わかった!

じゃあ今回は「MetaTrader4」、通称MT4について説明するね!

わーい!ありがとう!

FX人気No.1のチャートツール「MT4」導入方法や使い方を徹底解説!

FX人気No.1のチャートツール「MT4」導入方法や使い方を徹底解説!FXを取引していくうえで欠かせないチャートツール。

FXのチャートツールの中でも、世界的に利用者が多いのが「MetaTrader4」というチャートツールです。

しかし、初心者の方の中には、

  • 「MT4はなんか難しそう」
  • 「MT4を使うのが初めてだから使い方がわからない」
  • 「使い始めたけどうまく使いこなせない」

と考えてる人は多いのではないでしょうか。

MT4は高機能がゆえに、初心者には操作が難しい一面があるため、最初から使いこなすことは難しいです。

ですが、今回の記事を最後まで読むことで、MT4の使い方に不安がある方でもMT4をマスターすることができます!

ぜひ、MT4を使いこなせるようになって今後のトレードに活かしていきましょう!

本記事で得られる知識
  • MT4がどんなチャートツールか理解できる
  • MT4の導入方法が知れる
  • MT4の使い方について知れる

FX人気No.1のチャートツール「MT4」とは?

FX人気No.1のチャートツール「MT4」とは?MT4とは「MetaTrader4(メタトレーダー4)」の略称で、MetaQuotes社が開発し、無料で提供しているFXのチャート分析ツールです。

MT4は、プロやアマチュア問わず、世界のFXトレーダーに利用されています。

プロ並みのテクニカル分析も行えるため、使いこなせるようになるのはFX上達の第一歩です。

MT4では、あらゆる角度からチャートを分析することができる「テクニカル指標」が30種類以上も搭載されています。

また、取引画面はもちろん、各テクニカル指標は自分好みの色にカスタマイズすることが可能です。

FXチャートツールMT4で何ができるの?MT4の機能を紹介!

FXチャートツールMT4で何ができるの?MT4の機能を紹介!世界のプロトレーダーがMT4を利用している理由は、MT4が搭載している機能が豊富だからといっても過言ではありません。

MT4の中でも、代表的な機能は下記にあげる3つです。

  • テクニカル指標を多数表示してチャートをカスタマイズできる
  • FXEA(自動売買)を使って取引ができる
  • 自分でオリジナルのテクニカル指標やFXEA(自動売買)を作成できる

では、それぞれMT4の代表的な機能についてご説明していきます!

MT4の機能①:チャートをカスタマイズできる

MT4の代表的な機能の1つとして、テクニカル指標を多数表示してチャートをカスタマイズできるという点があげられます。

MT4には標準搭載されているテクニカル指標も豊富ですが、「MQL4」というプログラミング言語で開発された指標であれば、インターネットネットからダウンロードして使うことができます。

国内外に数多く存在するFX会社が提供しているチャートツールと比べても、MT4のこの機能は頭一つ出ています。

また、MT4はチャートの配色やテクニカル指標の組み合わせを自由に変更できるため、自分が分析しやすいようにチャートをカスタマイズすることが可能です。

MT4の機能②:FXEA(自動売買)を使って取引ができる

MT4の代表的な機能の2つ目として、FXEA(自動売買)を使ってシステムトレードができる点があげられます。

MT4では専用のプログラミング言語を用いて作成された自動売買、EA(エキスパートアドバイザ)を使用してシステムトレードができます。

また、MT4には「ストラテジーテスター」という機能があり、ストラテジーテスターを使ってEAのバックテストや最適化などが可能です。

MT4の機能③:テクニカル指標やEA(自動売買)を作成できる

MT4の機能③:テクニカル指標やEA(自動売買)を作成できるMT4の代表的な機能の3つ目として、自分でオリジナルのテクニカル指標やFXEA(自動売買)を作成できる点があげられます

MT4では「MQL言語」を用いて、自作のテクニカル指標やFXEA(自動売買)を作成することができます。

多少のプログラミングのスキルは必要ですが、自作したテクニカル指標やFXEAを、マーケットで共有したり、販売することも可能です。

「MQL言語」はC言語をもとに作られているので、もしテクニカル指標やFXEAの作成に興味がある方は、C言語から学んでみてはいかがでしょうか?

MT4が使えるFXのおすすめ国内取引会社

MT4が使えるFXのおすすめ国内取引会社MT4を稼働させていく上で、FX会社で口座開設を行う必要があります。

MT4の公式サイトではFX業者のアカウントがなくてもMT4をダウンロードして利用することが可能ですが、FXで取引する資金を入金する口座がありませんので、必ずFX会社で口座開設を行って使用しましょう!

MT4に対応しているおすすめ国内FX取引会社は下記の3社です。

  • OANDAJapan(オアンダジャパン)
  • 楽天証券
  • JFX

以上は初心者でも比較的利用しやすい国内FX業者となりますので、MT4を使って取引する際はぜひ参考にしてみてください!

FXチャートツールMT4の導入手順

では、MT4とはどんなチャートツールなのかについて理解できたところで、実際にMT4を導入するやり方についてご説明します!

MT4の導入方法の手順は以下になります。

  1. MT4の公式サイトへいく
  2. MT4をインストール
  3. MT4の起動

この記事を読みながら、一緒にMT4を導入しちゃいましょう!

MT4の導入手順①:MT4の公式サイトへいく

MetaTrader 4公式サイト

まずはじめに、上のリンクから「MT4の公式サイト」へいきます。

公式サイトへいくと、上の画像のように「MT4 無料ダウンロード」というボタンがあるので、クリックしてください。

ボタンをクリックすると、上の画像のページに移動しますが、ページ先頭にある「次世代取引プラットフォームのメタトレーダー5をダウンロードしましょう」というボタンを無視して、ページを下へスクロールしてください。

下へスクロールすると、「PC版MetaTrader 4をダウンロードし、デモアカウントを開設する」というボタンがありますので、コチラをクリックします。

MT4の導入手順②:MT4をインストール

上記の手順でMT4をダウンロードしたら、「mt4setup.exe」というファイル名でダウンロードされます。

ダウンロードが完了しましたら、「mt4setup.exe」を開いてセットアップをしていきます。

ファイルを開くと、上の画像のように利用規約が表示されますので、ウィンドウ下部の「設定」をクリックしてください。

設定を開くと上の画像のようになりますので、①参照からどこのフォルダにインストールするかを決めます。

②プログラム名を「MetaTrder 4」から変更できますが、ここは設定しなくてもかまいません。

③「オープンMQL5.commuityウェブサイトの」チェックボックスのチェックを外して、設定完了です。

利用規約の画面にもどり、「はい、上記の全てのライセンス条項に同意します」にチェックをいれて「次へ」をくりっくしてください。

上のような画面のように、インストールが開始されます。

インストールが終わりましたら、最後に「完了」をクリックしてウィンドウを閉じてください。

インストールが完了しましたら、上の画像のようなショートカットが作成されます。

MT4の導入手順③:MT4の起動

インストール後にショートカットからMT4を起動すると、上のような画面が出てきますが、MT4に対応しているFX会社のログイン情報を入力してログインしましょう!

FXチャートツールMT4の基本的な使い方

FXチャートツールMT4の基本的な使い方では、MT4が導入できたところでMT4の使い方について解説いたします!

MT4の基本的な使い方は下記のとおりです。

  • 通貨ペア別チャート画面の表示
  • 時間足の設定
  • ラインの表示
  • インジケーターの表示
  • チャート一括整理
  • 画面自動スクロール
  • チャートを右端にシフト

ではMT4の基本的な使い方についてさっそくご説明します!

MT4の使い方①:通貨ペア別チャート画面の表示

通貨ペアの表示方法は、MT4の上部にある「新規チャートの作成」から表示できます。

口座開設をした会社によって、取り扱っている通貨ペアの種類は異なります。

MT4の使い方②:時間足の設定

時間足の設定は、MT4の上部にあるタブから表示できます。

  • M1/1分足
  • M5/5分足
  • M15/15分足
  • M30/30分足
  • H1/1時間足
  • H4/4時間足
  • D1/日足
  • W1/週足
  • MN/月足

上記の9種類から設定可能です。

MT4の使い方③:ラインの表示

ラインの表示は、MT4の上部にあるタブから表示できます。

表示できるラインは、垂直線、水平線、トレンドライン、フィボナッチ・リトレースメント、チャネルラインの6種類です。

表示したいラインをクリックして、表示させたいポイントまでカーソルを持っていき、再度クリックすることでラインをチャート画面上に引くことができます。

MT4の使い方④:インジケーターの表示

インジケーターの表示は、MT4の上部にある「インジケータリスト」から表示できます。

インジケータリストをクリックすると、トレンド、オシレーター、ボリューム、ビル・ウィリアムスの4種類から選択できます。

一番下のカスタムは、外部からインジケータをMT4内に挿入した場合、カスタムに表示されます。

MT4の使い方⑤:チャートの整理

チャート画面を複数表示させると、MT4の画面がごちゃごちゃになってしまいます。

そうなった場合、MT4上部の「ウィンドウの整列」をクリックすると、チャートを綺麗に整列してくれます。

さっきのチャート画面よりも見やすくなったね!

表示させすぎたり、表示しているチャートの個数が奇数だと、整理したときに見にくくなりますので、表示チャートは9つまでで、なるべく偶数個の表示をオススメします。

MT4の使い方⑥:画面自動スクロール

MT4上部に「更新情報と共にチャートを自動スクロール」というボタンがあります。

これは、レート更新時に、チャートが右端に自動でスクロールする機能です。

こちらをオンにすると、現在のレートまで自動スクロールし、オフにすると過去のチャートにさかのぼった時に、自動スクロールされるのを防ぎます。

過去検証をしたい場合などにはとても便利な機能です。

MT4の使い方⑦:チャートを右端にシフト

一目均衡表のように、現在の値動きよりも前に表示されるインジケーターを使用しているときに使うことが多いです。

MT4の上部の「チャートを右端にシフト」のボタンを押すと、現在のレートよりも先のチャート画面が表示されます。

FXチャートツールMT4の使用上の注意点

FXチャートツールMT4の使用上の注意点MT4の注意点は、MT4を使ったからといって、突然FXで勝てるようになるわけではありません。

MT4は確かに高性能なチャートツールではありますが、あくまでチャート分析や取引をするためのものにすぎません。

そのため、MT4を導入して満足してしまい、ノウハウコレクターや知識オタクにだけはならないようにしましょう!

また、最初の方は使い方に慣れるまで取引しないことも重要です。

ただ、MT4を使いこなせれば、FX取引において力強い味方になるので、しっかりと使い方に慣れて利益をあげていきましょう!

FX人気No.1のチャートツール「MT4」まとめ

今回はMT4の導入手順や使い方について説明しました!

MT4について理解できたかな?

うん!

ちょっと難しそうだけど、頑張って使いこなして見せる!

よし!頑張ろう!

じゃあ、今回の内容をまとめるね!

FX人気No.1のチャートツール「MT4」まとめ
  • MT4とはMetaQuotes社が無料で提供しているチャート分析ツール
  • MT4はカスタマイ性に優れていて数多くのテクニカル指標を表示できる
  • MT4はEAと呼ばれる自動売買を使ってシステムトレードができる
  • MT4は公式サイトからダウンロード・インストールできる
  • MT4を使ってもFXの勉強はしなければいけない

ぜひ皆さんもMT4を使ってFXを攻略してください!

FX自動売買ALL in Oneコンテンツ無料プレゼント

「自動売買で稼いで自由な生活を送りたい

「過去に投資で損失を出して取り戻したい

「何となくネットを見ていたらこのページにたどり着いた

今この文章を読んでいただいているあなたはどのような状況でしょうか?

どのような状況の方にも価値のあるプレゼントになっております。

ぜひ私を信じて、FXの自動売買を共に攻略しましょう!

豪華特典にも限りがございます。

【FX自動売買ALL in Oneコンテンツ無料プレゼント】のお受け取りは下記からお申し込みください!

FX自動売買ALL in Oneコンテンツ無料プレゼント