投資知識

移動平均線の乖離率で判断するトレンド相場|FX常勝ノウハウ

移動平均線の乖離率で判断するトレンド相場|FX常勝ノウハウ

FXをやっている人とって移動平均線は最もポピュラーなインジケーターの一つです。

この記事を読まれている人の多くが知っているに違いありません。

移動平均線はトレンドの方向や強さを知るためにとても使えるインジケーターです。

今回の記事では、この移動平均線をもとにした移動平均線の乖離率を利用したトレンド相場の判断方法について解説していきます。

もしかしたら移動平均乖離率という言葉を聞いたことのない方も多いかもしれないので、詳しくわかりやすく説明していきます。

この記事を読み終わる頃には、移動平均乖離率について知らないことがないほどにまでなっているかもしれません。

移動平均乖離率とは?馴染みのない言葉を徹底解説!

『乖離率』なかなか馴染みのない言葉かもしれません。

実際日常生活で乖離率という言葉を使うことはなかなかないですし、FXをやっていてもなかなか目にしない言葉の一つではないでしょうか。

しかし『乖離率』はFX取引には欠かせない為替チャート指標のひとつなのです。

それでは、そもそも乖離率とは一体なんなのでしょうか?

『乖離率』とは。価格が移動平均線からどでだけ離れている(乖離している)かを数値化した指標です。

そして、移動平均乖離とは移動平均線からの離れ具合で「買われすぎているのか」や「売られすぎているのか」を判断する指標なのです。

みなさんはこんな経験ありませんか?

移動平均線だけで売買の判断を行っていて、価格が急激に変動してトレンド転換の判断が遅れてしまうことなど移動平均線だけではだましや判断の遅れが生じてしまうことなど。

そういった移動平均線のみでのトレンド転換の判断の遅れの回避や注意喚起のシグナルとして考え出されたのがこの移動平均乖離率です。

移動平均乖離率だけでは売買シグナルを読むことはできても確実な判断条件としてはまだ根拠が強いとはいえないため、ほかのテクニカル指標と組み合わせて使うことが一般的です。

移動平均乖離率の見方としては、価格が移動平均線と同じなら乖離率は、0%となり価格が移動平均線よりも上にある場合を「上方乖離」といい、乖離率はプラスの値をとり、移動平均線から何%乖離しているかで価格が下げに転じるかのヒントになります。

逆に価格が移動平均線よりも下にある場合を「下方乖離」とい、乖離率はマイナスの値をとり移動平均線から何%乖離しているかで価格が上げに転じるかのヒントになります。

またインジケーターを使う上で非常に大事な要素の一つがインジケーターが算出される式を把握することです。

なぜこのインジケーターはこういう動きをするのかなどしっかりと把握することがとても重要になります。

乖離率の計算式は以下のとおりです。

乖離率=((当日の終値-移動平均値)÷移動平均値)×100

乖離率を計算するときは終値を使用し、比較する移動平均線は、ローソク足が表す機関によって異なります。

移動平均乖離率は実際にどうやって使うのでしょうか?

ここまでで移動平均乖離率とはなにかについて、初めて聞く方でもおわかりいただけたと思います。計算式も把握なぜ推移していくのかを頭に入れましょう。

それでは移動平均乖離率の実際の使いかたについて解説していきます。

移動平均乖離率は、相場の買われすぎ売られすぎによりおこる「反発」のタイミングを判断する基準の一つになります。

価格が移動平均線から大きく上に離れると、乖離率が大きくプラスに変動し、それが売りのサインになります。

一方、価格が移動平均線から下に大きく離れて、乖離率がおおきくマイナスに変動し、買いのサインとなります。

ただし注意してほしいのは、上昇・下降問わず価格と移動平均線との乖離幅については、使用する移動平均線の機関や相場の値動きによって警戒圏を決められないことから過去の乖離率の動きから適した警戒圏を判断していきます。

例えば、過去の乖離率が-2%~+2%の範囲で推移しているのなら、乖離率が+2%で反転したら売り、-2%で反転したら買いと判断します。

移動平均線は、毎日その値は変化していきます。

価格変動が激しく、移動平均線の動きが過去の変化についていけない時、つまり急な強いトレンドが発生したときは、移動平均線と価格の乖離がはっきりわかるため、移動平均乖離率が有効に活用できます。

ですが、価格と移動平均線が緩やかに並行して動く場合、乖離が広がらず、移動平均線乖離率は横ばいとなってしまいます。

このような状況では、移動平均乖離率はあまり有効とはいえないです。

『移動平均乖離率』 いったいどのようなスタイルの投資で力を発揮するのか!

移動平均乖離率の実際の見方や使いかたをご紹介いたしました。ここまで読んで、そろそろ移動平均乖離率を実際にトレードに活用したいとおもってきたところではないでしょうか。

それでは実際にどのようなトレードスタイルで有効活用できるのかを徹底解説していきます。

『移動平均乖離率』は一般的に日足や週足で使われます。そのため、デイトレードやスイングトレードを行う中期型の投資家に向いているといわれています。

みなさんは一体どのようなスパンでの取引を行っていますか?

もし、中期型の投資を行っている人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

「乖離率」を用いる上で目にする「エンベロープ」について

価格は移動平均線から大きく乖離することがないため、移動平均線からある程度乖離した場所に線の引くと、その線内に価格の値動きが大体収まります。

このような移動平均線から一定の乖離率で上下に平行線をひいたものをエンベロープといいます。

移動平均乖離率を使った投資方法とは!

それでは実際にどのようにトレードを行っていけばいいのかについての解説を行っていきます。

移動平均乖離率を使った投資法で有名なものは、乖離率逆張り投資法です。

乖離率逆張り投資法とは?

  1. 移動平均乖離率を見る
  2. 乖離率が大きい通貨ペアに注目
  3. 乖離率が通常の状態よりも高いので近々戻ると予想
  4. 戻ったら利益が出る方で売買をする

という投資方法です。

「逆張り」や「逆張りスイングトレード」と言われることもありますが、「その指標として、移動平均乖離率をメインにする」というのが特徴の投資方法です。

移動平均乖離率逆張り投資法のメリットとデメリットとは

移動平均乖離率逆張り投資法のメリットは、インジケーターが移動平均乖離率のみで良いことです。

投資には様々なインジケーターがあり、いろいろ入れてしまいがちですが、乖離率逆張り投資法においては移動平均乖離率のみを参考に取引をするので、初心者にはわかりやすく取引しやすい手法になっています。

デメリットとしては、損失を大きく出したときにすぐに損切りを行わないと大損してしまうという点です。

移動平均乖離率逆張り投資法はその名の通り相場の逆をいく投資法ですので、リスクはつきものです。

しかしそのリスクを最小限にするために、損失を出してしまったときにすぐに損切りをすることが重要になってくるのです。

いますぐやるべきこと

移動平均乖離率についてわかっていただけましたでしょうか?

移動平均乖離率を理解し活用していく上でまずやらなくてはいけないことは移動平均乖離率の四季を覚えることです。

どのインジケータにも言えますがなぜこうなっているのかの理解が勝利への最大の近道になります。