MetaTrader4

MACDのダイバージェンスを利用したFXのトレードノウハウ

MACDのダイバージェンスを利用したFXのトレードノウハウ

みなさんはダイバージェンスという言葉をご存知でしょうか?

まだFXを始めたばかりの初心者の方などは聞いたことがない方の方が多いかもしれません。

聞いたことがある方はきっとFXをある程度の期間やられている方ではないでしょうか。

その中でもダイバージェンスの意味を理解し、活用できてる人は少ないのではないでしょうか?

今回の記事ではダイバージェンスについて、ダイバージェンスとはというところから実際の活用方法まで徹底解説していきます。

この記事を読めば今までダイバージェンスは聞いたことなんてなかった方から、聞いたことはあったけど、実際にどのように活用していけばいいかわからなかった方かまで、ダイバージェンスについてマスターしていただけるかと思います。

それではまずダイバージェンスとはなにかということから解説していきましょう。

ダイバージェンスとは?聞いたことがない人でもわかりやすく徹底解説!

それではダイバージェンスとは、価格とMACDなどのオシレーター系指標の値が逆行する現象のことをいいます。

そしてダイバージェンスは相場分析においてなにを意味しているかというと、トレンドが弱まっていることを知らせるサインを意味しているのです。

通常、トレンドが発生しているとそのトレンドの方向にオシレーター系のインジケーターは推移していきます。

しかし、稀に「価格が高値を更新したのに、オシレーター系指標の値は下降している」もしくは「価格が安値を更新したのい、オシレーター系指標の値は上昇している」という逆光現象が起こります。これがダイバージェンスです。

そして、いずれトレンドは収束し弱まっていきます。

トレンドが弱まったところを事前に把握できれば、保有していたポジションの利益確定が有利になりますよね。

またダイバージェンスは移動平均線のゴールデンクロス等にくらべて、サインが早く出る傾向にあるので、先行指標として利用することができます。

ダイバージェンスを見つける指標としておすすめのオシレーターとは?

ダイバージェンスとは価格とMACDなどのオシレーター系指標の値が逆行する現象のことだということはわかっていただけたかと思います。

それではダイバージェンスを見つける上でどのオシレーター系指標がいいのかというのが気になるところだと思います。

それではまずオシレーター系指標とはなにかというところから解説していきたいと思います。

オシレーター系とは投資用語では「買われすぎ」や「売られすぎ」を示すテクニカル分析手法のことです。

オシレーター系の代表的な指標は「RSI」「ストキャスティクス」「MACD」などです。

相場をよむ移動平均線などのトレンド系に対し、オシレーター系は相場の変化の大きさで判断します。

その中でダイバージェンスを発見するオシレーター系指標として今回おすすめするのが「MACD」です。

ダイバージェンスにおすすめの「MACD」。その使いかたを徹底解説!

MACDとは短期の移動平均線と中期の移動平均線を使用しています。

使用する移動平均線は通常の単純移動平均線とは異なり、新しい価格のほうがより影響力が高いという考えから、新しい価格の比重を重くして計算されています。

MACDは基本となる線とMACDの移動平均線であるシグナルと呼ばれる2本の線の推移でマーケットの判断をします。

MACDの基本の使いかたとしては、基本となる線である「MACD]が下向きで、「シグナル」が「MACD]より上にある時、相場は弱いと判断します。

その後、「MACD」の調整がなだらかになり、「シグナル」を上抜けるとゴールデンクロスといって買いのタイミングと判断できます。

「MACD」が上向きで、「シグナル」を上回っているときは相場が強いとみます。その後、「MACD」の上昇がなだらかになり、「シグナル」を下ぬけるとデットクロスといって売りのタイミングだと判断できます。

MACDは、ゴールデンクロス・デットクロスといった買いと売りを判断させるタイミングが単純移動平均線と比べて格段に早くなります。

相場の転換をより早く判断するのにとても有効です。

以上でMACDとはなんなのかということはおわかりいただけたと思います。

次に実際にダイバージェンスを把握する上でのポイントを詳しく解説していきます。

上記でもお伝えしたとおり、大抵の場合は価格の上昇と下降と、オシレーター系の上昇と下降は一致します。

価格を切り上げたなら、MACDも切り上がるのが普通です。

ただこれが一致せずに逆行する動きになることをダイバージェンス、もしくはヒドゥンダイバージェンスといいます。

ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスは意味合いが異なり、ダイバージェンスは逆張り指標になり、ヒドゥンダイバージェンスは順張りの指標となります。

◯上昇トレンド時ダイバージェンス

チャートの価格が安値を切り上げて、高値を更新している状態で、MACDは高値を更新せずに切り下がっている状態が上昇トレンド時ダイバージェンスです。

トレンドが弱まっているので逆張り指標になりますので売りのサインになります。

◯上昇トレンド時ヒドゥンダイバージェンス

チャートの価格が安値を切り上げている状態で、MACDは安値がきり下がっている状態が上昇トレンド時ヒドゥンダイバージェンスです。

これはヒドゥンダイバージェンスですので順張り指標ですので買いのサインになります。

◯下降トレンド時ダイバージェンス

チャートの価格が高値を切り下げて、安値を更新している状態で、MACDは安値を更新せずに切り上がっている状態が下降トレンド時ダイバージェンスです。

トレンドが弱まっているので逆張り指標になりますので買いのサインになります。

◯下降トレンド時ヒドゥンダイバージェンス

チャートの価格が高値を切り下げている状態で、MACDは高値がきり上がっている状態が下降トレンド時ヒドゥンダイバージェンスです。

これはヒドゥンダイバージェンスですので順張り指標ですので売りのサインになります。

以上がダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの捉え方とその意味に関してでした。
ダイバージェンスは逆張りの指標で、ヒドゥンダイバージェンスが順張りの指標でした。

しかし、ここでしっかりと頭に入れてほしい重要なことがあります。

それは、あくまでもダイバージェンスはトレンドが弱まっ散るのを知らせてくれるサインだということです。

トレンドが弱まっていって、その後上昇か下降に動くかはダイバージェンス以外の指標もいた上で判断するべきです。

ダイバージェンスだけを根拠にしたトレードはするべきではありません。

他のトレンド系指標と合わせたり、オシレーター系指標をあわせてトレンドの強さを確認するなどして、複数の根拠と合わせた上での取引を心がけてください。

いますぐできること

ここまででMACDの見方、使いかたから、ダイバージェンスの意味や使いかたまで学ぶことができたかと思います。

しかし、インプットするだけではできるようにはなりません。必ずアウトプットしていかなければいけません。

まず今すぐできることは、チャートにMACDを実際に導入して、過去のチャートからダイバージェンスを見つけてみましょう。

その後のチャートの動きを見てダイバージェンスの意味を再確認して下さい。

最初は難しいと感じるかもしれませんが、第一歩が大事です。