投資知識

レバレッジとは?FXに必要な専門用語を世界一わかりやすく解説

レバレッジとは?FXに必要な専門用語を世界一わかりやすく解説

初心者の方が一番につまずくポイントは、専門用語がたくさんでてくる点です。

本記事では、FXの取引において重要な専門用語について、初心者でもわかりやすく解説しています。

専門用語が何かを覚えることで、FXについて勉強するときに、わからない単語が無くなり、勉強がはかどるというメリットがあります。

ですので、本記事を読んで、重要な専門用語の理解を深めていってください。

今回はFXの取引おいて、重要視しなくてはいけない「レバレッジ」についてご説明します。

レバレッジとは?

FXの最大の特に、「レバレッジ」があります。

レバレッジとは、「実際の持っている資金の、何倍もの取引ができる」というもので、「てこの原理」とも言われています。

日本では、FXのような金融取引に関する法律で、「レバレッジは最大25倍まで」と決まっています。

例えば、4万円の資金からスタートすると、レバレッジ25倍で100万円までの取引が可能になります。

ですが、近年10倍に引き下げるという話がでたときは、トレーダー界隈でもざわつきを見せました。

このように、自分の資金の何倍ものお金を動かすことを、「レバレッジをかける」と言います。

レバレッジは、FX会社からあなたに対しての「信用」からくるもので、口座にあるお金を担保としているため、レバレッジをかけられるということです。

少ない資金で大きな取引ができるレバレッジの、メリットとデメリットについてみていきましょう。

レバレッジのメリット

レバレッジの最大のメリットは、少ない資金で大きな取引ができるため、得られる利益も大きくなるということです。

最初の資金を10万円からスタートするのと、100万円からスタートするのでは、得られる利益も10倍になりますよね?

また、FXには「スワップポイント」という金利から、利益を得る方法もあります。

こちらも、通貨の購入金額に応じたパーセンテージで利息がつくので、スワップで利益を得る場合でも、レバレッジをかけると利益額が大きくなります。

レバレッジをかけることで、資金が少なくても、大きなリターンを期待できるという点が、レバレッジの最大のメリットになります。

レバレッジのデメリット

レバレッジのデメリットは、大きい資金で取引を行うため、マイナスになったときの損失額も大きくなるという点です。

特に、海外のFX会社を使用している方はご存じかと思いますが、かなりレバレッジが高く設定してあります。

例えば、XMTradingでは最大888倍ものレバレッジをかけることができます。

ですが、仮に資金10万円に対してレバレッジを500倍かけたとすると、5000万円までの取引が可能になりますが、5000万円分の損失額になるリスクも、同時に背負わなければなりません。

初心者の方は特に、高レバレッジをかけられる海外口座ではなく、比較的低レバレッジな国内口座を開設することをオススメします。

レバレッジまとめ

FX取引において、とても魅力的なレバレッジですが、「どのようなものか」だけでなく「どんなリスクがあるのか」についてもしっかりと理解してないと、痛い目にあう可能性が高くなります。

国内のFX会社でも、最大25倍のレバレッジから始めるのではなく、10倍くらいにレバレッジを下げることも、FXでリタイアしないための手段です。

また、レバレッジは、口座開設後でも変更は可能ですので、最初は5倍~10倍ほどで始めてみてはいかがでしょうか。

特に、FXをこれから始めようと考えている方は、目先のお金に目がくらんで、大事な資金を失ってしまっては、元も子もありません。

ですので、しっかりとレバレッジについて理解して、自分にあったレバレッジでFXトレードを行ってください。