投資知識

【FXのためのダウ理論】狙いに繋がる波形の捉え方再現性の高いトレード手法!

【FXのためのダウ理論】狙いに繋がる波形の捉え方再現性の高いトレード手法!

FXに限らず、投資でお金を稼ぎたいと考えて頑張って勉強をしている方なら、「ダウ理論」というワードを一度は耳にしたことがあると思います。

今回は
ダウ理論について知りたい
ダウ理論を使った相場分析の方法を知りたい
ダウ理論を応用してFXトレードをしたい
という方に向けて、ダウ理論の基本と、ダウ理論をFXに応用する方法について解説したいと思います。

ダウ理論は6つの基本原則から成り立つ

「ダウ理論」、19世紀にチャールズ・ダウが提唱した相場理論です。「チャールズ・ダウ」はアメリカ合衆国のジャーナリスト・証券アナリストで、かの有名なアメリカの投資情報出版会社「ダウジョーンズ」の設立者であり、「ニューヨークダウ平均株価」の発案者です。

つまり、現代でも世界中の投資家に注目されている「ニューヨークダウ平均株価」の生みの親が提唱した相場理論がダウ理論なのです。

ダウ理論は、そのすべてを学ぼうとすると軽く1~2年以上かかかってしまいます。

しかし、実際にトレードに応用したい場合は、ダウ理論の6つの基本原則を理解するだけでも十分です。

ここからは、ダウ理論の6つの基本原則をそれぞれ解説したいと思います。

ダウ理論第1原則-平均はすべての事象を織り込む-

ダウ理論の第1原則で言われる「平均」とは、FXのチャートのことを指します。

つまり、ダウ理論の第1原則は「チャートにはすべての情報が込められている」と言い換えることもできますね。

「すべての情報」とは為替レートに大きな影響を与える「政策金利」や「金融政策」といった「ファンダメンタル要素」だけではなく、市場に参加しているすべての参加者の心理的な事情も含まれます。

ダウ理論の第1原則から分かることは「トレードをする際はチャートだけ見ておけばいい」ということです。

もちろん、現実的に考えると突発的な値動きなどはチャートだけでは予測することは難しい場合もあります。しかし、ほとんどの場合はチャートを見てテクニカル分析をするだけでもある程度将来の値動きを予想できるのは事実です。

ダウ理論第2原則-トレンドには3種類ある-

ダウ理論では、相場分析において市場動向(トレンド)を重視しており、市場のトレンドは以下の3つに分類されます。

  • 主要トレンド:1年~数年のサイクル。
  • 二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。
  • 小トレンド :3週間未満のサイクル。

この3つのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられています。

つまり、長期的な主要トレンドでは上昇トレンドを描いていても、その局面中で必ず二次トレンドという形で下落トレンドが発生するということです。

上のチャート画像(ドル円の週足チャート)を見てもらえば、上昇トレンド時も下降トレンド時も一方的に同じ方向へトレンドが進行するという現象は見られないですよね。

ダウ理論第3原則-主要トレンドは3段階からなる-

1年~数年サイクルで発生する「主要トレンド」は買い手の動向によって3つの段階から成立しているといわれています。3つの段階はそれぞれ「先行期」「追随期」「利食い期」と呼ばれています。それぞれの期間ついて簡単に説明すると

先行期:市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

追随期:市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。

利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

以上となります。もう少しわかりやすく説明すると

  • 先行期:超一流トレーダーが買う期間
  • 追随期:勝てるトレーダーがエントリーし始める期間
  • 利食い期:勝ち組トレーダーが利益確定売りを始める期間、負け組トレーダーが買う期間

と言い換えることもできます。

我々のような一般的なトレーダーには先行期の段階を見極めるのは難しいですので、追随期を見つけられるようになりましょう。

ダウ理論第4原則-平均は相互に確認されなければならない-

複数の平均的な指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることは出来ないという考え方です。

つまり、FXで例えると「ローソク足チャートだけではなく、テクニカルチャート分析も用いてトレンドを確認しなければいけない」と言い換えることもできます。

ダウ理論第5原則-トレンドは出来高でも確認されなければならない-

「出来高」とは、トレードされた量(売り買い両方の合計)を意味します。

例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には出来高が減少、下降局面においては逆になります。

FXでは出来高を確認することはできないので、第5原則については頭の片隅にでも入れて置けば良いと思います。

ダウ理論第6原則-トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する-

現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けると定義がされています。

例えば、上昇トレンドの定義は「高値を更新しながら安値を切り上げてチャートが進行するトレンド」です。

この場合、トレンドの転換シグナルは「高値を切り下げて安値を更新する」になります。

転換シグナルがでるまでは、「トレンドが終わった」とは言えないということですね。

また、ダウ理論第6原則では「トレンドに逆らったトレードをすると利益を得るのは難しい」ということも提唱されています。

ダウ理論を使った相場分析とトレード方法

ここまでは、ダウ理論の基本について簡単に説明しました。では、ここまで紹介したダウ理論の6つの原則を使って相場分析をする方法を紹介したいと思います。

相場分析に使うのは「ダウ理論第2原則」と移動平均線

相場分析に応用できるダウ理論の基本原則は「ダウ理論第3原則」です。

ダウ理論第3原則は、「トレンドには主要トレンド・二次トレンド・小トレンド」があるという法則でしたね。

FXで相場分析をする際は、まず、週足で主要トレンドを見極めます。

2015年6月から現在にかけてのドル円チャート上の画像はドル円の週足の画像ですが、2015年6月から現在にかけて高値を切り下げて安値を更新する「下降トレンド」になっていることが分かります。

つまり、ドル円の主要トレンドは「下降トレンド」だと言えます。

また、移動平均線も下向きになっています。これで、ローソク足と移動平均線という2つの平均的な指標から下降トレンドだと確認することができました。

「二次トレンド」と「小トレンド」も同様に、それぞれの期間を確認できる期間足チャートを表示して、トレンドの分析をすることができます。

あなたのトレード手法に合わせて、トレンドを確認したい期間の相場分析をしてみましょう。

ダウ理論第6原則と「水平線ライン」を使ったエントリーポイントの見つけ方

ダウ理論第6原則に「トレンドに逆らうと利益を出すのが難しくなる」という理論があったことは覚えていますでしょうか?

相場分析によりトレンドが把握できたら、「そのトレンド方向に対してエントリーをする」と戦略を決めましょう。

ダウ理論を利用した最もシンプルなトレード方法は「追随期の高値の切り上げ(安値の切り下げ)を狙う手法」です。

まず、ダウ理論第2原則を用いてトレンドを把握します。ここでは、上昇トレンドをとらえたとして説明します。

次に、直近の最高値をチェックして、そこに水平線ラインを引きます。その水平線ラインを引いたポイントが、エントリーポイントとなります。

もしトレンドが継続した場合は、水平線ラインを上回ってさらに上昇トレンドが続きますし、万が一トレンドが終わってしまう場合はそもそも水平線ラインまで到達しないので損失を出すリスクを避けることもできます。

まとめ

以上、ダウ理論の基本と応用方法についての解説でしたがいかがだったでしょうか。

ダウ理論は、19世紀から現在まで世界中の投資家に親しまれている相場分析理論です。

歴史の長さがその信ぴょう性を証明している数少ない相場理論ですので、ぜひ基本をマスターして勝てるトレーダーになりましょう。

サイトでは教えられない!FX必勝ノウハウ無料プレゼント!

サイトでは教えられない!FXの必勝ノウハウ無料プレゼント

「取引を始めると相場が逆方向に動いてしまう

「損切りが出来なくてマイナスになってしまう

「つい、熱くなって資金を溶かしてしまう

FXトレードでうまくいかない原因って、なかなか自分では分からないですよね。

そんなあなたに朗報です!

突然ですが、6ヶ月で月収100万円を超えたプロトレーダー加藤エル(兄)のFX必勝ノウハウをサイト訪問者限定で無料で公開いたします!

今回アナタにお渡しするノウハウはこちらです!

  1. FXで1日3万稼ぐ:準備編:全4項目
  2. FXで1日3万稼ぐ:マインド編:全5項目
  3. FXで1日3万稼ぐ:基本編1(テクニカル分析):全8項目
  4. FXで1日3万稼ぐ:基本編2(ファンダメンタル分析):全5項目
  5. FXで1日10万稼ぐ:応用編:全5項目

さらに、今回サイト訪問者限定20名様に、加藤エル(兄)がトレードで使用しているプライスアクションが一目でわかるサインツールの他、高性能インジケーター6点以外を豪華特典を無料でプレゼント!

詳しい特典の内容は下記の通りです!

  • 1日30分のスキマ時間トレードを可能にする高性能インジケーター6点
  • 加藤エル(兄)が開発した公開前の自動売買システム
  • 初期費用不要!軍資金のための資金調達ノウハウ約30万円分
  • 利確損切ラインが丸わかり!?15万相当のライントレード教材

なぜ無料でプレゼントしてくれるの?

その理由と受け取り方法は下記の無料受け取りページから!

必勝ノウハウの詳細はこちら