投資知識

FXチャートの見方について解説します!【永久保存版】

FXチャートの見方について解説します!【永久保存版】

FXのトレードをしていく上で必ず見なければいけないものがあります。

FXをやっている人であれば必ず知っているものですし、FXをやってない、これからやろうと考えている人もきっと一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

それは、チャートです。

相場の値動きを示したグラフのようなもののことで、FXトレードをしていく上で使わないといけない必須ツールです。

しかし、初心者はもちろんですがトレードでいきづまっている人の多くがこのチャートの見方についてよく理解していません。

正しいチャートの見方を身につけることがFXトレードで成功するために最も大切なことです。

あなたはチャートの見方を正しく身に着けているという自信はありますか?
次にすばがどのように動くのかそれを判断するための材料をチャートから読み取れますか?

チャートの見方がわからない状態ではじめるのであればそれあ¥はただのギャンブルです。

今回の記事では、FXで成功するためにはかかせないFXチャートの見方について解説していきます。

この記事を読んでいただければ、自身のトレードの何が問題なのか、改善するには何をするべきことがなにかもすべて明確になるでしょう。

FXトレードの必須ツール!『チャート』とは一体なにか

FXで勝つ上で必ず必要になるのがチャートの見方を理解することだと冒頭でお伝えしましたが、『チャート』とは一体なんなのでしょうか?

チャートは、為替チャートやFXチャートと呼ばれており、過去の為替レート(値動き】を、価格や時間を軸としてグラフ化したものです。

過去の為替の値動きを視覚化してみることで、相場の流れを把握することが可能となります。

過去をもとに将来を予測したり、見た目の形から今後を予測したりテクニカル分析を行ったりすることができます。

つまりチャートは過去のすべてのデータの反映だということです。

また、チャートの本質は投資家の集団心理の反映なのです。

ここは非常に大事な部分です。

FX市場では何人もの投資家が買いたい、売りたいという欲望をもっています。

この欲望が常に競り合うため需要と供給のバランスが一定せず為替レートが変動しているのです。

FXチャートは何をどうやって見ればいいのか

ここから実際にFXチャートがどのように構成されていてなにをどのように見ていけばいいのかを解説していきます。

チャートには、大きく分けて3種類のチャートがあります。

チャートの種類
  • ローソク足チャート
  • バーチャート
  • ラインチャート

どのチャートの種類も過去の値動きを視覚化したものですが、実用的な観点からローソク足チャートをおすすめします。

なぜなら、日本では日常的に目にするニュースや、書籍などで使用されるチャートはすべてローソク足チャートだからです。

また、日本のトレーダーは、ほぼこのローソク足チャートのみを使っています。

ちなみに欧米のトレーダーの間ではアーチャーとやラインチャートがよく使われるといわれています。

ローソク足とは、値動きをローソクの形で表したもので、始値、終値、高値、安値で形成されています。

そして1本のローソク足ができるまでの時間に関してもいくつか種類があり、メジャーなものですと、1・5・15・30分足、1・4時間足、日足、週足があります。

5分足だと5分間の始値、終値、安値、高値を1つのローソク足として形成します。

始値より終値が高い、つまり一定時間内で価格が上昇した場合は陽線と呼ばれ、始値より終値の方が低い、つまり一定期間内で価格が下落した場合は陰線と呼ばれます。

これらは相場の強弱や方向性を視覚的に示してくれます。

次にチャートを見るポイントはトレンドの把握です。

上記でローソク足1本1本の意味を理解したかと思います。

しかし、チャートはローソク足の集まりです。

どこに向かっているのかという全体の把握も必要になってくるのです。

その際に見るべきポイントというのがトレンドなのです。

トレンドとは、一般的にマーケットの動く方向性を意味しています。

例えば陽線が続くような相場は上昇トレンド、陰線が続くような相場は下降トレンドだと認識できます。

しかしトレンドはジグザグな動きをしながら展開して行きます。

実際にチャートを見ていただくと、値動きは一直線ではなくジグザグに動いてはいないでしょうか。

このようにジグザグ動く中で上昇中なのか、下降中なのかというトレンドをしっかり把握していくことが、チャートを見ていく上で重要になってくるのです。

チャート分析の基礎!テクニカル分析の理解

チャートの何をどのように見るのかというのは理解していただけましたでしょうか。

次は実際のチャート分析である『テクニカル分析』という投資家の心理状態を分析し、今後の値動きを予測する手法について解説していきます。

まずローソク足についてより詳しくお話していきます。

陽線が始値よりも終値が高い場合に形成されるものだとご説明しましたが、つまり陽線ができるということは買いの勢いが強かったと判断できます。

そして実体部分が短ければその中でも買いの勢いは弱かったと判断でき、ながければ買いの勢いがより強かったと判断できます。陰線の場合はその逆です。

また、高値と安値を示すヒゲとよばれる部分は高値圏や底値圏での売り圧力と買い圧力の強弱が把握できます。

上方向にヒゲがながければ、一時的に上昇したのに売り圧力が強かったから押し戻されてしまったと判断することができ、トレンドの転換などを示唆している可能性があると予想できるわけです。

このように大きなトレンドを把握した上でローソク足一本一本から多くの情報を手に入れることができます。

次にテクニカル分析で多く利用される『インジケーター』についてご紹介いたします。

インジケーターとは値動きをもとにある計算を行い、トレンドの方向性や売られすぎているのか買われすぎているのかを判断するための一つの指標です。

もっともポピュラーなテクニカル分析の手法の一つである単純移動平均線をご紹介いたします。

移動平均線は、1定期間の平均価格を日々計算して出し答えを線でつないだものです。

たとえば20日移動平均は20日分の平均価格になります。

使いかたとしては移動平均線の推移している方向を見てトレードをしていきます。

チャートを見てトレンドを把握するのは最初は難しいかもしれませんが、この移動平均線を使うことによってトレンドの把握が明確に行うことができます。

移動平均線が上昇していれば上昇トレンドと把握でき、下降していたら下降トレンドと把握できます。

このように移動平均線というインジケーターを使ってテクニカル分析を行っていくことができます。

まとめ

FXチャートの見方
  • 正しいチャートの見方を身につけることがFXトレードで成功するために必ず必用です。
  • チャートには3つの種類がありローソク足がおすすめです
  • ローソク足1本1本を把握するとともに、トレンドの把握をすることが大事です。
  • インジケーターを活用してテクニカル分析を行う方法もあります。

記事を読むだけではなく、実際に自分でチャートを見ることが何より大事です。

今すぐできることとしては、まずチャートを開きローソク足を見てみて下さい。

どれが陽線なのか陰線なのか、そしてトレンドを見極めて下さい。

それがチャート分析の第一歩になります。