投資知識

FXチャート分析の基本!あなたは分析方法をいくつ知っていますか?

FXチャート分析の基本!あなたは分析方法をいくつ知っていますか?
カトエル
カトエル

チャート分析って難しいなぁ〜

加藤エル兄
加藤エル兄

チャートを見ながら首をかしげてどうしたんだい?

カトエル
カトエル

FXのチャート分析のやり方がよくわからないんだ

加藤エル兄
加藤エル兄

じゃあFXのチャート分析について教えてあげようか?

カトエル
カトエル

本当に???ありがとう!

加藤エル兄
加藤エル兄

じゃあFXのチャート分析の基本として3つのポイントを抑えながら聞くんだぞ!

 

  • 相場には「トレンド相場」と「レンジ相場」がある
  • チャート分析にはテクニカル指標を用いた「テクニカル分析」がある
  • グランビルの法則について
カトエル
カトエル

わかった!

FXチャート分析の基本!あなたは分析方法をいくつ知っていますか?

みなさんはFXをどんな分析方法で取引をおこなっていますか?

トレンド相場を分析した順張りの手法やレンジ相場を狙った逆張り手法や、移動平均線などを使ったテクニカル分析の手法など様々な分析方法を試しているっかと思います。

また、FXをはじめたばかりの初心者は、自分にあった分析方法が見つからずインターネットで調べている途中かもしれません。

FXで成果をあげるためにはチャート分析はかかせません。

チャート分析の種類にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析と呼ばれるものがありますが、この記事でのチャート分析とはテクニカル分析のことを指します。

テクニカル分析とは、過去の値動きをチャートで表して、そこからトレンドやパターンなどを把握し、今後の為替動向を予想するものです。

チャートは投資行動の結果としてできたものであり、過去にも似たようなパターンがあれば、将来も同じようなパターンになる可能性が高いと予測できます。

FXで成功するために最も必要なことは、チャート分析を勉強し自分に最もあった分析方法を身につけることです。

今回の記事ではFXを始めたばかりでチャート分析方法がなんなのかもわからない方から、自分なりの分析方法は見つかったが新しい手法がなにかないか探している方まで参考になるような内容をご提供いたします。

本記事で得られる知識
  • チャート分析の基本が身につく
  • テクニカル指標を用いた分析方法が身につく
  • グランビルの法則が身につく

FXチャート分析の基本:トレンド分析の基礎

まずはじめに、「トレンド相場分析」についてご説明します。

FX相場にはトレンド相場といわれる、「通貨の人気・不人気によって、一方的に買われてたり売られたりする相場」があります。

テクニカル分析において、トレンドの発生と終了を、ある程度予測することが可能なのです。

たとえば、ローソク足の形から分析したりする人もいれば、チャートを計算式に当てはめてインジケーターに落とし込みトレンドの発生や継続を分析する人もいます。

また、トレンド分析の基礎として、トレンドラインを引いた分析方法もあります。

安値どうしを引いた右肩上がりの線を上昇トレンドラインといい、高値どうしを引いた右肩下がりの線を下降トレンドラインといいます。

トレンドラインは抵抗線もしくは支持線として機能します。

上昇トレンドラインでは、下降してきた時の支持線として、下降トレンドラインは上昇してきた時の抵抗線としての役割があります。

つまり上昇トレンドの場合、トレンドラインに近づいてきた、もしくはタッチしたら買い注文を入れ、加工トレンドの場合は売り注文を入れるというような使い方ができます。

しかしト、レンドはいつかは終わってしまうのでトレンドラインに反発されずブレイクしてしまった場合はしっかり損切りをしましょう。

上への上がる勢いが強い上昇トレンドが発生しているトレンド相場では、切り上げていく安値をを結ぶトレンドラインを下に突き抜けることで、相場は下落に変わります。

これは、安値を結ぶトレンドラインを下に抜けたことにより、1つのトレンドが終了したということを意味します。

つまり、トレンドラインに沿うように上がる上昇トレンドの力は失われていき、相場参加者が同時に上げたいと考える相場は終了し、それまで買って取引をしていたのを売る取引に切り替えたと判断することが出来ます。

ですが、ひとつのトレンドラインは、上昇トレンドが終わって下抜けをしてしまったら、必要がなくなるというわけではありません。

使い終わったと思われるトレンドラインが、次は高値を上から抑える働きをします。

下記の記事で、トレンド相場の分析方法について詳しく解説していますので、ぜひ本記事とあわせてご覧ください!

https://katoerufx.com/fx-trend-bunseki/

FXチャート分析の基本:レンジ分析の基礎

トレンド分析について簡単にご説明したので、次はレンジ相場の分析方法について解説していきます。

レンジ相場とは、一定の値幅間で売り買いが均衡してその値幅の中で値動きをしていく相場のことをいいます。

相場のほとんどがこのレンジ相場であると言われているため、レンジ相場を分析することで、テクニカル分析技術は大幅に向上し、無駄な取引を一気にへらすことができることができます。

また、エントリー以外にもレンジ相場を分析する事で、損切りを行う根拠を見つけることも可能になります。

そのため、レンジ相場の分析はFXにおいて非常に重要になります。

レンジ相場の分析方法①:レジスタンスラインとサポートライン

レンジ相場の分析において、レジスタンスラインとサポートラインは非常に重要な指標になります。

高値を抑えるようにひかれたラインをレジスタンスラインといい、安値を支えるようにひかれたラインをサポートラインといいます。

基本的にレンジ相は、高値を抑えるように引かれる「レジスタンスライン」と、安値を支えるように引かれる「サポートライン」の、2つのラインに挟まれて値動きを繰り返していきます。

そして、レジスタンスラインから上に突き抜けたり、サポートラインを下抜けてレンジ相場が崩れることを「レンジブレイク」とよびます。

レンジ相場をブレイクした場合、上抜ければ相場は上昇していき、下抜ければ相場は下落する傾向が高くなります。

レジスタンスラインを上抜けしているのに、元に戻ってしまっている相場の動きを「ダマし」とよびます。

レンジ相場の分析でで気をつけなければいけないのは、この「ダマし」です。

FXでは「ダマし」に対応する事が、非常に利益と大きく関わってくるため、レンジ分析をする際には切っても切れない関係となります。

レンジ相場の分析方法②:レジスタンスライン・サポートラインは消さない

レジスタンスラインやサポートラインをブレイクしても、引いたラインは消さないようにしましょう。

初心者の方は消してしまいがちですが、引いたラインを消してしまうのは非常にもったいない行為なのです。

レジスタンスラインやサポートラインはブレイク後も、次の相場に機能する場合があります。

例えば、レジスタンスラインブレイク後にそのラインがサポートラインになったり、サポートラインブレイク後にそのラインがレジスタンスラインになるなんてことも頻繁におこります。

初心者にとって、「必要なラインはどれか」「どれが不必要なラインか」を見極めるのは非常に重要です。

ブレイクして新しいトレンドが発生しているのか、ただレンジ幅が広がっただけなのか、過去のレジスタンス・サポートラインは、大きいレンジ相場内の指標として使えますので、1度使ったラインをすぐに消さないようにすることが重要です。

レンジ相場分析のまとめ
  • 高値を抑えるようにひかれる水平線をレジスタンスラインと呼ぶ
  • 安値を支えるようにひかれる水平線をサポートラインと呼ぶ
  • レジスタンスラインとサポートラインの中で値動きをする相場をレンジ相場という
  • レジスタンスラインもしくはサポートラインをぬけることをレンジブレイクという
  • レンジブレイク後もレジスタンスラインやサポートラインは意識される

しっかり頭に入れてレンジ相場の分析に活用していってください!

FXチャート分析の基本:テクニカル分析の方法3選

ここまでで、トレンド相場の分析方法とレンジ相場の分析方法について解説していきました。

次はテクニカル指標を使った相場分析について私がおすすめする方法をご紹介していきます。

  • 移動平均線を使った分析方法
  • ボリンジャーバンドを使った分析方法
  • RSIを使った分析方法

これまでの内容よりか高度になってきますが、かなり有用性のあるものですのでしっかり学んでいきましょう。

「移動平均線」は、一定期間の平均値を繋げてライン上に表したテクニカル指標です。

移動平均線の傾きに注目すると、傾きから相場のトレンドを判断することがでいます。

テクニカル分析方法①:移動平均線を使った分析手法

たとえば移動平均線が上昇の傾きを示しているのであれば、上昇トレンドだということが判断できます。

移動平均線は日々上下動く為替レートの平均値ですから、より長い目で見た、滑らかなトレンドの方向性を見ることができます。

そして、相場と移動平均線との位置関係もとても重要です。

相場が移動平均線より上に位置している場合、相場は強気相場、相場が移動平均線の下に位置している場合、相場が弱気であるという状態を表します。

相場が強気をしめしているということは、価格が上昇しやすい状態と言うことを表し、相場が弱気をしめしているということは、相場が下落しやすい状態であるということを表します。

このことから、価格が上昇しやすい状態という事は「上がる前に買えば利益が出る」という判断ができます。

また。移動平均線は為替レートの平均値であるため付かず離れずのいち関係を保ちます。

しかし、値動きが乏しい相場が続くと為替レートと移動平均線はもつれ合う形になり、逆に値動きが急変動した場合は、為替レートは移動平均線から一旦大きく離れて行きます。

かし、急変動後も平均化されていくので、やがて移動平均線のほうが為替レートにおいついていく形になります。

このように移動平均線と為替レートの位置関係から一時的な相場の強さが把握することができます。

このように、移動平均線を使って相場を分析することによって、しっかりとした根拠のある取引が行えるようになります。

FXの移動平均線を使ったトレンドフォロー【トレード手法を公開】
FXの移動平均線を使ったトレンドフォロー【トレード手法を公開】 FXの移動平均線を使ったトレンドフォロー【トレード手法を公開】 今回は、移動平均線を使ったトレンド...

移動平均線の分析方法①:ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線の分析手法として最もポピュラーなのが、ゴールデンクロスとデッドクロスという分析手法です。

この分析手法は短期間の移動平均線と長期間の移動平均線を使用します。

短期間の移動平均線が長期間の移動平均線を下から上に抜けることを「ゴールデンクロス」といい、逆に短期間の移動平均線が長期間の移動平均線を上から下に抜けることを「デッドクロス」といいます。

ゴールデンクロスは上昇トレンドの発生を示唆しており、買いサインになります。反対にデッドクロスは売りサインと判断できます。

しかし「だまし」も多いので必ず他の根拠、例えばトレンドラインやレンジブレイクなどの根拠を一緒に捉えた上で活用していきましょう。

移動平均線の分析方法②:指数平滑移動平均線(EMA)

移動平均線の中にはいくつか種類があり、一般的には単純移動平均線を使用されています。

ですが、移動平均線の種類の中の指数平滑移動平均も個人投資家に人気が高いです。

単純移動平均線は、たとえば10日移動平均線では9日前と当日の為替レートは同等に扱われますが、指数平滑移動平均線では直近の為替レートをより重要視したものになっております。

ですので単純移動平均線の欠点だった、為替レートが直近の値動きに影響されやすく過去になればなるほど影響力はすくなることを考慮できないという点を改善した移動平均線になっております。

為替レートの勢いを重視した短期売買や、トレンドの転換点にいち早く注目して早めに動きたい中長期投資の場合などはEMAがおすすめです。

使い勝手がよい反面、ダマシは単純移動平均線よりも多くはなりますが、トレンド転換を早く確認したい場合には、指数平滑移動平均線を活用してみるのをオススメします!

テクニカル分析方法②:ボリンジャーバンドを使った分析手法

次に移動平均線についで投資家たちに愛用されている、ボリンジャーバンドについて解説していきます。

ボリンジャーバンドは統計学の標準偏差と正規分布の考え方に基づいたテクニカル指標です。

標準偏差とは、ある期間の価格が期間の平均からどれぐらい分散しているかを求めたものです。

為替レートが+2σや+3σに達するのが統計学的に見ると、かなりレアケースだと考えられるため、ボリンジャーバンドのタッチで逆張りをしかけるような使い方が一般的だとされています。

それでは具体的な手法について見ていきましょう。

ボリンジャーバンドを使った逆張りと順張り手法

まず、為替レートがバンドに対してどの位置にあるのかに注目し、為替レートが+2σを超えたら上昇し過ぎなので売りという判断が一般的です。

反対にバンドが広がっているのか狭まっているのかに注目し、バンドの幅が広がって為替のボラティリティが急上昇しているのであればその方向についていくといった順張りの判断をします。

ボラティリティとは値動きの激しさを示したものです、狭い値幅で小刻みな動きをしていたならばボラティリティは少ないといえます。

そこから、為替レートが一定方向に勢いよく動き出した瞬間をボリンジャーバンドの幅で確認してその方向にのるのが順張り手法になります。

ボリンジャーバンドは、それが何を意味するのかをしっかり理解した上でバンドの広がりや縮小、傾き具合などをみながら活用していくことが求められるテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドの分析手法まとめ

逆張りで使う場合はバンドの拡大から収縮に向かう瞬間を狙ったり、為替レートの買われすぎ売られすぎを判断するためのオシレーター系指標を併用したりして、根拠を強めて使っていきましょう。

また、逆張り手法で成功しやすいのは、相場が静かでレンジ相場を形成している時などで、逆に失敗しやすいのは相場が急変動したときやレンジブレイク後などです。

順張り手法で成功しやすいのは相場が静かな状態から大きく動き始めた時、失敗しやすいのは規則正しい相場と言えるでしょう。

テクニカル分析方法③:RSIを使った分析手法

RSIは値幅に注目した相場の勢いを知るためのテクニカル指標で、オシレーター系指標の中では最もポピュラーなものです。

オシレーター系指標とは相場が買われすぎなのか売られすぎなのかを判断するために使います。

逆向きに転じる瞬間をとらえて逆張りやトレンド転換を狙うのが基本戦略になります。

RSIの計算式

n日間の値上がり幅÷(n日間の値上がり幅+値下がり幅)

つまり上昇の割合を求めることで買いが強いのか売りが強いのかを判断する指標です。
RSIの一般的な使い方は、

  • RSIが70~80%以上になったら買われすぎているので売り
  • RSIが20~30%以下になったら売られすぎているので買い

というものです。

しかしこれだけの根拠ではダマしが多いため、RSIは単独では使わず、必ず他の指標と併用して使いましょう。

RSIでは、短期売買の場合にどのような時間帯に使うかも重要です。

ロンドン市場が始まる午後4時以降やアメリカで経済指標が発表されてNY株式市場がオープンする午後9~12時などの時間は強いトレンドが発生する順張り向きの時間です。

ですのでこういった時間はRSIの使用を避けて欧米が深夜になる午前9時~午後3時くらいにかけての日本市場は相場が横ばいになりやすい傾向があるので、落ち着きのあるレンジ相場でRSIを活用しましょう。

RSIのダイバージェンスに注目

RSIにトレンドラインをひくことで相場の方向性を見るのも一つの手段です。

RSIは逆張り手法向きだと言われてはいますが、右肩上がりであれば上昇トレンド、右肩下がりであれば下降トレンドというようにトレンド判断もできます。

また、チャート上のローソク足の動きとRSIの動きが逆向きになることをダイバージェンスといい、長い期間上昇や下降のトレンドが続いた後、そこからお起きるトレンドが方向転換する場合、RSIのダイバージェンスがそれより早くおこります。

相場の天井や大底をとらえる手法として活用しましょう。

FXチャート分析の基本:グランビルの法則

「グランビルの法則」とは、先ほどご説明した移動平均線を使ったチャート分析の手法です。

グランビルの法則では、移動平均線の取引において8つの売買ポイントがあるとしています。

8つの売買ポイントはそれぞれ、買いのポイントが4つ、売りのポイントが4つの合計8つのポイントからなり、それぞれ市場の値動きと移動平均線の動き方で、買いをいれるタイミングと売りをいれるタイミングを探す手がかりとなります。

この8つの売買ポイントは、市場参加者に重要視されています。

「買いの法則①」は、移動平均線の下落後、横ばいになるか上昇していく局面で価格(ローソク足)が移動平均線を下から上にクロスします。

「買いの法則②」は、移動平均線の上昇していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線を上から下にクロスします。

「買いの法則③」は、価格(ローソク足)が上昇していく移動平均線の上にあり、移動平均線に向かって下落していくもクロスする事なく再度上昇します。

「買いの法則④」は、移動平均線平均線が下落していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線と離れて大きく下落していきます。

「売りの法則①」は、移動平均線の上昇後、横ばいになるか下落していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線を上から下にクロスします。

「売りの法則②」は、移動平均線が下落していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線を下から上にクロスします。

「売りの法則③」は、価格(ローソク足)が下落していく移動平均線の下にあって、移動平均線に向かって上昇するがクロスする事なく下落します。

「売りの法則④」は、移動平均線が上昇していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線と離れて大きく上昇します。

「グランビルの法則」に従っているように見えた相場展開でも急変する場合もありますので、鵜呑みにせずに、よく相場を観察する事が大事です。

まとめ

以上が、FXのチャート分析の基本になります!

加藤エル兄
加藤エル兄

どうだったかな?わかったかな?

カトエル
カトエル

わかったよ!

チャート分析にはテクニカル指標を使ったテクニカル分析が重要なんだね!

加藤エル兄
加藤エル兄

そのとおり!じゃあ今回の内容をまとめるね!

FXチャート分析の基本まとめ
  • 相場には「トレンド相場」と「レンジ相場」の2種類ある
  • 「トレンド相場」ではトレンドラインを用いて発生から終了までを追う必要がある
  • 「レンジ相場」ではレジスタンスラインとサポートラインを用いて天井と大底を見極める必要がある
  • グランビルの法則には買いの法則4つ、売りの法則4の計8つの売買法則がある
加藤エル兄
加藤エル兄

今回紹介したチャート分析の方法を再度復習し、実際のチャートで実践して見てください!

サイトでは教えられないFX必勝ノウハウを無料でプレゼント!

サイトでは教えられない!FXの必勝ノウハウ無料プレゼント

「取引を始めると相場が逆方向に動いてしまう

「損切りが出来なくてマイナスになってしまう

「つい、熱くなって資金を溶かしてしまう

FXトレードでうまくいかない原因って、なかなか自分では分からないですよね。

そんなあなたに朗報です!

突然ですが、6ヶ月で月収100万円を超えたプロトレーダー加藤エル(兄)のFX必勝ノウハウをサイト訪問者限定で無料で公開いたします!

今回アナタにお渡しするノウハウはこちらです!

  1. FXで1日3万稼ぐ:準備編:全4項目
  2. FXで1日3万稼ぐ:マインド編:全5項目
  3. FXで1日3万稼ぐ:基本編1(テクニカル分析):全8項目
  4. FXで1日3万稼ぐ:基本編2(ファンダメンタル分析):全5項目
  5. FXで1日10万稼ぐ:応用編:全5項目

さらに、今回サイト訪問者限定20名様に、加藤エル(兄)がトレードで使用しているプライスアクションが一目でわかるサインツールの他、高性能インジケーター6点以外を豪華特典を無料でプレゼント!

詳しい特典の内容は下記の通りです!

  • 1日30分のスキマ時間トレードを可能にする高性能インジケーター6点
  • 加藤エル(兄)が開発した公開前の自動売買システム
  • 初期費用不要!軍資金のための資金調達ノウハウ約30万円分
  • 利確損切ラインが丸わかり!?15万相当のライントレード教材

なぜ無料でプレゼントしてくれるの?

その理由と受け取り方法は下記の無料受け取りページから!

必勝ノウハウの詳細はこちら