人工知能

人工知能(AI)によるFXの相場分析|日々進化をとげるFX取引

最近とても話題のAI(人工知能)、FX投資の世界にはどう影響しているのでしょうか。

FX投資をしている人たちは、もう少し勝ちに近づけることが出来る優秀なパートナー的存在が欲しいと思っていることでしょう。

ついAI(人工知能)はその役割をこなせるのかということまで考えてしまうでしょう。

投資家の方々は自分なり頑張って予測をたてているでしょうけど、一番不安なのは、「自己」ではないでしょうか。

一方コンピューターは、AI(人工知能)の技術によってどんどん高機能化し急激に発展したニュースを頻繁に見かけます。

更に、AI(人工知能)はどんどん低価格化し、そろそろ実際にFX投資のパートナーとして利用出来るかもという思いも具体的に頭に浮かんでくる頃では。

投資のアルゴリズムに忠実に従いデータの検証、分析

AI(人工知能)がまだまだ完全なものでないとしても、FX投資において、 売買すべきタイミングを自動で生成してくれて、投資家の方々に、タイミングを教えてくれる仕事を忠実にこなしてくれれば、FX投資にブレない基準にすることが出来るでしょう。

AI(人工知能)では、 投資家が作成した投資のアルゴリズムに忠実に従い、そこからデータの検証、分析をおこなっていきます。

今現在の為替レートの値動きを勝手に分析してくれて、為替トレードのタイミング情報など、自動で通知してくれるシステムなので、FX投資から目が離せないという人たちも随分日々の作業が楽になるでしょう。

決して、AI(人工知能)というものが、切り離された無機質的ということではなく、自分の分身という感じでしっかり役割分担を果たしてくれるかもしれません。

AI(人工知能)は、 投資している人たちの判断材料のグラフなどの形状を様々な形で計算・学習します。どのような基準で取引をおこなっているのか投資家たちの判断の仕方も学習していってくれることでしょう。

AI(人工知能)は、経験を累積させることで、更に高い精度に磨き上げることが出来ます。投資家とAI(人工知能)のシナジー効果によって、より勝ちの確率を高めることが出来ます。

FXで再現性の高い変化を確率的にアウトプット

現在のAI(人工知能)に対して、100%を期待しても酷なのかもしれません。AI(人工知能)に「心」を期待しても、そこには心はありませんし、人間になることも出来ません。

しかし、現代社会において、AI(人工知能)のもたらす効果はとても大きく、AI(人工知能)の存在で、人間の職業はかなりAI(人工知能)に奪われてしまうだろうということも言われています。

FXに対してAI(人工知能)は、 過去の膨大な量のチャートを参考にして、 最も再現性の高い変化を確率的にアウトプットします。

人間は、数値分析においても、過去のデータを全部把握するのは不可能でしょう。しかし、AI(人工知能)にはそれが可能なので、人間のレベルを超えた存在ということが出来ます。

AI(人工知能)は、 過去のデータを全て見ることを瞬時にしてこなすことが出来ます。FXの短期の取引においても、投資家たちの脳よりも、圧倒的有利に売買をリードするパートナーとなることが出来ます。

AI(人工知能)でも実現できないFXこと

AI(人工知能)は、FXにかなり優秀なパートナーとして利用することが出来たとしても、実際には、FXの予測をしているものの、 説明はしていないことに注目する必要があります。

例えば、大量データを参考にして導き出すことが出来ても、為替が変化した背景において、どのように経済に変化が起きたのかまで考えて対応はしません。

ですから、短期でFX投資に役立たせることが出来ても、長期期間に対しては、信用度が欠けてしまうケースも出てきてしまうでしょう。

Fx売買サポートツールが最近多く出回り注目されていますが、たいていの場合は数時間から数日までの短期に留まっているものばかりです。

為替の変動する理由を説明しない

更に、AI(人工知能)には、取引をし、それに対してなぜしたのかを説明することが出来ません。

為替の変動する理由を説明しないということは、AI(人工知能)は基本、すべての事象を偶然受けとめてしまっていることになります。

AI(人工知能)は、いわば偶然最安値で買う行為をし、偶然最高値で売り、偶然最大利益を生み出すことになります。

AI(人工知能)は、偶然利益を得た結果だけを受けとめることになり、取られた方法が最善と解釈するでしょう。

単発の事件に対応することが出来ない

更にAI(人工知能)は、人間でもそうですが、いままで起きたことのないような単発の事件に対応することが出来ません。

もしも金融市場のクラッシュが起きてしまえば……、 ひょっとしたらその事態を人間のほうが風を感じ予測出来るのかもしれません。

そのとき、AI(人工知能)はそのような事態が起こり、確実に運用実績のパフォーマンスを低下させてしまうでしょう。

AI(人工知能)は、いかにも何でもしてくれるイメージを持つ人たちが多いですが、実際にはそうではなく、 特に相場の動きに方向性がない場合、実績はそれ程期待することが出来ません。

FXを変化させる理由に関与する主導的なモノが何か、特定できない変化のパターンを正確に読みとることが出来ません。

リーマンショックが起こり金融緩和策が取られ、やがて量的緩和政策も終焉を迎えることでしょう。

そのような事態の中、 短期的な為替の変動は方向性を見失い、 中期的な局面の変化が起こるかもしれません。 しかし、AI(人工知能)は、そのとき、 過去のチャートから、FXの変動を予測することはできません。

AI(人工知能)に不足しているのは、バイアスのかかった思考であり、 意識的に方向づけられた判断でしょう。

AI(人工知能)には責任を感じる能力がない

人間の脳に依存したFX投資のスタイルは、感情、先入観にも惑わされてしまうでしょう。

AI(人工知能)には、そのようなものが悉くスリムに排除されているからより勝ちへと近づけることが出来ます。

ただし、AI(人工知能)は、過去の事例の分析以外のことは何もしていない、やはり無機質的機械にすぎないと言っていいでしょう。

投資家たちは、自分の判断でFX投資を行い、負けてしまった場合には、自分に責任があると自覚をするでしょうけど、AI(人工知能)には、責任を感じる能力はありません。

AI(人工知能)のFXツール「Black AI Strategy FX」

FX投資のためのAI(人工知能)は、限界も存在しているということを知り、効率よく利用するようにしましょう。

それを知る投資家たちが効率よく利用出来るツールには、「Black AI Strategy FX」があります。

「Black AI Strategy FX」は、 ディープラーニング(深層学習)を利用した学習アルゴリズムを搭載、 勝率90.37%、年間31,418pipsという驚異的実績があります。

人間がデータの学習範囲を定めなればならないのが、いままで存在していた機械学習です。しかしディープラーニングは、 AI(人工知能)が、学習範囲を自動的に見つけ学習を積み重ねていきます。

機械学習とは、AI(人工知能)を実現するために中心となっている技術の一つで、プログラム自身が学習していく仕組みのことです。

AI(人工知能)の中心には機械学習能力があります。 機械学習以外には、遺伝的アルゴリズム、ファジィ制御、エキスパートシステムなどの要素が含まれてきます。

Black AI Strategy FXでは、 順張り・逆張りの両方で使え、ドル円・ユーロ円・ユーロドル・豪ドル円・NZドル円と主要な対応通貨ペアをカバーしてくれていることも大きな魅力です。

いかがでしょうか。AI(人工知能)は、現状メリットもありデメリットもあります。デメリットも知ることで、総合的に投資家の方々を効率良く勝ちへ繋げてくれることでしょう。